【空き巣・窃盗】住まいの防犯対策(簡易的な対策編)

【空き巣・窃盗】住まいの防犯対策(簡易的な対策編)

以前の記事では、空き巣等の窃盗犯罪の傾向についてご紹介しました。このような犯罪に対しては、犯罪の傾向を知り対策をはかることで犯罪に遭う確率を大幅に低減させることができます。窃盗犯は目立つ場所(人目につく)での侵入や侵入に時間がかかる場合、侵入を諦めると言われています。具体的には侵入までに5分以上かかる場合は70%が、10分以上かかる場合は90%が諦めるといったデータも示されており、空き巣等の窃盗犯罪への対策としては侵入されるまでの時間を稼ぐことが非常に大切であると言えます。

この対策は本格的な対策をはかることが1番効果的であるのですが、簡易的な対策であっても効果を得ることが可能です。そこで今回は、簡易的な対策で侵入されるまでの時間を如何に稼ぐのかについてご紹介したいと思います。

窓の防犯性強化

以前の記事でもご紹介した通り、空き巣等の侵入手段としては無施錠を除くと、ガラス破りが非常に多くなっています。そのため、窓の防犯性能を高めることは、空き巣等への対策としては非常に有効であると言えるでしょう。ただ、このガラス破りは以下の簡単な対策で対処することができるので実施することをオススメします。

防犯フィルムの貼り付け

ガラス破りはその名の通り、ガラスを破壊して室内に侵入してきます。そのため、ガラス自体を破壊しにくいものに変えてしまうのが最大の対策になります。防犯性の高いガラスとしては強化ガラスを2枚と特殊フィルムを貼り合わせた防犯ガラスがありますが、現在ご使用のガラスと交換するとなると、ガラス自体が非常に高価であることに加え、窓(サッシ)自体の交換なども必要になるため、現実的ではありません。

簡易的な方法としては、ガラスに防犯フィルムを貼り付ける方法があり、ガラスを破ろうとすれば破られてしまいますが、侵入されるまでの時間を稼ぐことに関しては有効であると言えます。

なお、この防犯フィルムは見栄えを気にしなければ素人でも貼り付けることができるので、非常に簡易で安価に対策することができます。

補助錠の取り付け

ガラス破りの手段としては、ガラス全面を割るわけではなく、窓のクレセント(鍵)部分を狙ってガラスを部分的に割ってきます。加えて、通常の窓であれば、窓の中央部分にクレセントがついているため、どこを割ればいいのかは簡単にわかってしまうのです。そのため、何の対策も施されていないとものの数秒で窓を開けられてしまうでしょう。そこで、補助錠を取り付けることで、万が一クレセント部分を割られてしまったとしても、窓を開けることができなくなるので、侵入時間を稼ぐ上では効果的であると言えます。

この補助錠は数百円程度で購入ができ、また接着剤などを使用して窓の上もしくは下に取り付けるタイプが一般的で、安価で非常に簡単に取り付けることができる対策です。また、クレセント自体にロック機能を付与する商品もあり、こちらも補助錠同様に安価で簡単に対策することが可能です。

格子のネジ頭潰し

外部に面した窓には、防犯対策としては格子が取り付けられていることが多いかと思います。ですが、この格子は窃盗犯からみると何の対策にもなっていないことが多いのです。実はこの格子、ドライバーなどを用いれば簡単に取り外すことができてしまうのです。そのため、格子に関しても対策をはかることで防犯性を向上させることができます。

具体的には、格子はネジで固定がなされていますので、このネジを簡単に外せない状態にすることが挙げられます。例えば、ネジの頭(ドライバーを差し込む部分)を潰してしまうことや、ネジの頭に接着剤を流し込んで頭を塞いでしまうことが考えられます。ただし、これらの対策は実施した後の復旧が非常に手間になりますので、賃貸住宅では不可能な対策になります。

鍵の交換

一時期話題にあがった、ピッキングやサムターン回しなどの解錠による侵入は、数でみると少ないですが、玄関から堂々と入られてしまうと、外部から異変に気付くことが困難となり、好き放題物色されてしまいますので、必ず対策を取っておくべきものであると言えます。具体的には、現在のご使用の鍵が10年以上交換がなされていない場合には、ピッキングなどの対策が取られていない鍵である可能性が高いです。そのため、防犯対策が取られた鍵へ交換することが必要になります。

また、鍵は一つだけでなく、増設し、二つとすることで侵入時間を稼ぐことが可能になります。ただし、防犯性の低い鍵を増設したところで余り意味をなしませんので注意が必要です。

ダミーカメラの設置

窃盗犯は証拠が残ることを嫌います。そのため、監視カメラを設置しておくと窃盗犯に対する威嚇として非常に効果が高いと言えます。しかし、監視カメラの導入は非常に高価であるため、なかなか手が出るものではありません。そのため、簡易的な対策としてはダミーカメラを設置し、威嚇とする方法が考えられます。

ただし、このダミーカメラはただ設置しただけでは窃盗犯に対する効果が余り高くないと言えるでしょう。高い効果を得るには如何に本物として認識させるかが重要な要素になります。

例えば安価なダミーカメラであればすぐに見抜かれてしまいますし、配線の有無、屋外型と屋内型の使い分けなどでも見抜かれてしまいます。設置だけであれば簡易的に誰でも導入することはできますが、適切な設置となると少々ハードルが高い対策と言えるでしょう。

センサーライトの設置

窃盗犯は昼間の留守中のみでなく、夜間、住人が寝静まったタイミングでも侵入を試みてきます。在宅中の侵入に遭遇してしまうと強盗などの凶悪犯罪になってしまう可能性もあり、命の危険にさらされる可能性もあります。そのため、在宅中の侵入は絶対に防がなければなりません。日中の侵入は上記の対策を施すことである程度の効果を得ることができるでしょう。

しかし、夜間においては窓や玄関などの侵入口が暗がりとなり、人目につかないが故に多少侵入時間がかかったとしても諦めない可能性が高まります。特に死角となるような場所では恰好の餌食になってしまうでしょう。

そうならないためには、センサーライトを設置し、暗がりをなくすこと、人目につきやすくすることが効果的な対策になります。ただし、夜間に照明が点灯することになりますので、近隣住居の住人への配慮も必要であると言えます。

まとめ

  • 空き巣等の窃盗犯罪には、侵入されるまでの時間を稼ぐことが効果的対策になる
  • 窃盗犯は死角、暗がりを好む
  • 窃盗犯は人目につくこと、音がでることを嫌う
  • 簡易的な対策でも効果を得ることは可能