水道水にもアスベスト?

アスベストという言葉を聞いたことがある方が多いかと思います。皆さんが持っているイメージとしては、吸い込むと危ないといったイメージだと思いますが、実は水道水の中にもアスベストが含まれている可能性があるのです。

そこで今回は、水道水に含まれたアスベストとその危険性、対策についてお話したいと思います。

アスベストは有害物質?

アスベストは安価で性能の高い材料として私たちの生活内の様々な場所で利用されてきました。厚生労働省のHPでは次のように解説されています。

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。 

その繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が 吸入してしまうおそれがあります。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付ける作業が行われていましたが、昭和50年に原則禁止さ れました。 

その後も、スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されましたが、現在では、原則として製造等が禁止されています。 

石綿は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/index.html)

アスベストの危険性

アスベストの危険性について、厚生労働省のHPでは次のように解説されています。

石綿(アスベスト)の繊維は、肺線維症(じん肺)、悪性中皮腫の原因になるといわれ、肺がんを起こす可能性があることが知られています(WHO報告)。・・・(後略)・・・

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/index.html)

いずれも呼吸器系の病気でありますが、一度発症すると完治まで大変に長い期間がかかるなど重大な疾病であり、アスベスト自体は大変に危険な物質であると言えます。

水道水にもアスベストが含まれている可能性がある

実は皆さんが普段口にしている水道水の中にもたくさんのアスベストが含まれている可能性があります。

それはなぜか??

昭和30年代より低価格、耐腐食耐電気性の特性などから、石綿セメント管が多く使用されていましたが、現在でも交換されていないものが残っており、水道管全体の数%は石綿セメント管が用いられていると言われています。

我が家は新築したばかりだから大丈夫と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、石綿セメント管が使われているのは浄水場から自宅に届くまでの地中に埋まっている水道管であるため、自宅の新古は関係ありません

また、たった数%と思われるかもしれませんが、例えば浄水場から自宅までの間の95%がアスベストを含まない水道管に交換されていたとしても、残りの5%が石綿セメント管であれば、出口から排出される水道水中にはアスベストが含まれることになり、絶対に含まれていないと断言できる地域の方が少ないのではないかと思います。

アスベストを飲み込んでも大丈夫なの??

国はアスベストの飲み込み(経口摂取)については、呼吸による吸引に比べて危険性が小さく、健康には問題がないとし、水質基準の設定は行われていません。

(1)平成4年(1992年)に改正した水道水質基準の検討時にアスベスト(石綿)の毒 性を評価したが、アスベストは呼吸器からの吸入に比べ経口摂取に伴う毒性は きわめて小さく、また、水道水中のアスベストの存在量は問題となるレベルに ないことから、水質基準の設定を行わないとしたところ。

(2)世界保健機関(WHO)が策定・公表している飲料水水質ガイドラインにおいても、 飲料水中のアスベストについては、“健康影響の観点からガイドライン値を定め る必要はないと結論できる。”としているところ。

出典:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/index.html)

アスベストが行き着く先が肺なのか胃なのかの違いで危険性が異なることはある程度理解できますが、危険ではないという言葉を信じるのは早計ではないかと思います。

と言うのも、アスベスト自体も当初、危険性がないものとして考えられており、無制限に使用することができました。仮に経口摂取の場合でも同じことが起きたと考えると、日常的に摂取する水ですからその影響は計り知れないものとなるでしょう。

そんな時に苦しむのは自分自身ですので、万が一に備えて対策をしておくことをオススメします。また、水道水中には、アスベストのほか、錆などの有害物質が含まれていることが多いです。そのため、アスベスト対策とあわせ有害物質も除去しておくことがベストと言えます。

まとめ

  • 水道水中にアスベストが含まれている可能性がある
  • アスベストの飲み込みは危険性が少ないと言われているが、真偽は不明
  • 万が一に備えて対策を行うべき

対策としては、「水道水を直接飲まない」に尽きると思います。アスベストをはじめ、錆などの有害物質は浄水器やウォータースタンドなどでろ過してあげることでより安全で美味しいものになります。

月々の出費もごく僅かで安心とともに満足感も得ることができますので、アスベスト除去に関わらず、何らかの措置を行うことをオススメいたします。