シャワーにも浄水器つけてますか??

シャワーにも浄水器つけてますか??

 

以前の記事でもご紹介しましたが、キッチンには浄水器をつけるべきだと管理人は思います。ですが、キッチン以外の場所でも人と水が密接に関係する場所があると思いませんか?

そう、それは浴室です。浴室ではシャワーを浴びたり、入浴したりしますよね。実は体に触れる水についても気を付けたほうがいいのです。

そこで今回は浴室の浄水器についてお話したいと思います。

浴室の水の危険性

 

以前の記事でも水にどんな有害物質が含まれているかご紹介しましたが、浴室でも全て取り除かないといけないのでしょうか?

いいえ、そうではありません。浴室では主に「遊離残留塩素」が体に悪影響を与えると言われています。この遊離残留塩素は浄水場から各家庭に届くまでに、水を安全に保つ効果を持っていますが、この遊離残留塩素は各家庭まで届いた時点でその役目を終え、一転して邪魔者なってしまう可哀想な存在であるとも言えます。その遊離残留塩素がどの程度水道水に含まれているのかと言うと、具体的には蛇口から出た時点で遊離残留塩素の量を0.1mg/L以上にしなければならないと水道法で定められています。また、この基準は浄水場から1番遠い蛇口から吐出された水の基準ですので、浄水場から近い御宅などではより濃度の濃い遊離残留塩素が含まれているかもしれません。

なお、遊離残留塩素の他に結合残留塩素というものがありますが、こちらは温浴施設などで用いられるもので、各家庭に届く上水ではあまり用いられてはいないようです。

では、この遊離残留塩素が体に触れるとどんな影響があるのでしょう?

遊離残留塩素には髪のキューティクルや肌のタンパク質を酸化させる作用があると言われています。また、シャワーの温水により肌の脂質も流されてしまいますので、乾燥を招く原因にもなるようです。

具体的には以下のような方は注意が必要だと思われます。

  • 敏感肌の方
  • 乾燥肌の方
  • 髪がぱさつきやすい方
  • アトピー性皮膚炎の方
  • 赤ちゃん

また、頭皮の乾燥は頭皮環境の悪化やフケの原因になるとも言われていますので、頭皮の悩みがある方も注意が必要だと言え、これらの症状がある方はシャワー用の浄水器の使用を検討してみるとよいかもしれません。

次はシャワー用の浄水器にはどんな種類があって、どんな効果があるのか触れていきたいと思います。

浄水器(フィルター)の種類

シャワー用の浄水器の種類は形状こそ似たものになりますが、使用しているフィルターによりそれぞれ特徴が微妙に異なります。シャワー用の浄水器には主に以下の3種類のフィルターが使用されています。

  • 繊維活性炭
  • <亜硫酸カルシウム
  • ビタミンc

繊維活性炭

特徴:

活性炭には遊離残留塩素を吸着するとともに、塩素イオンと水素イオンに分解することで遊離残留塩素除去します。その際に活性炭は酸化してしまいますので、この効果は活性炭が酸化しれしまうと効果が失われます。ただし、活性炭には小さな穴がたくさんあいていますので、水と接する面積が大きく、酸化しきるまで期間はある程度長めになるようです。そのため、フィルター交換頻度を少なくすることができ、ランニングコストでは優位である言えます。しかし、上記の分解反応はそんなに速くないため、水と活性炭が接する時間を少しでも長くできるよう、フィルターを円柱状にし、シャワーの柄の部分に内蔵していることが多いです。そのため、フィルターの入り口部分から上記の分解反応により活性炭が酸化していき、遊離残留塩素の除去率は徐々に落ちていくようです。また、活性炭の小さな穴がフィルターの役割果たすため、水の勢い(水圧)は落ちやすくなると言えます。

 

亜硫酸カルシウム

特徴:

亜硫酸カルシウムは遊離残留塩素と触れることで反応し、遊離残留塩素を塩素イオンに分解します。また、この反応は活性炭とは異なり極めて速く、フィルターを通す長さも少なくできるため、水圧の減少は少ないと言えます。とは言え、亜硫酸カルシウムは不織布などに包まれたカートリッジ式で用いられるため、僅かではありますが水圧が減少する可能性もあります。また、亜硫酸カルシウムは徐々に水に溶けていくため、活性炭同様に遊離残留塩素の除去率は徐々に落ちていきます。加えて、活性炭よりも交換頻度が短く、ランニングコストも高くなりがちです。

 

ビタミンc

特徴:

ビタミンcが遊離残留塩素と触れることで、酸化還元反応を起こし、遊離残留塩素を分解します。この反応は亜硫酸カルシウム同様に極めて速く、また、ビタミンcの粉末を直接水と触れさせる形式のため、水圧の減少は最も少ないと言えます。なお、この分解効果はビタミンc粉末が切れるまで常に発現するため、他のフィルターとは異なり効果の減少はありません。ただし、ビタミンcの粉末が切れた時点で効果が一気に失われますので注意が必要です。また、このビタミンcは水に溶けやすいため、他のフィルターよりもこまめに補充が必要になります。加えて、ビタミンcが肌に合わない方もいるようなので、あわせて注意が必要です。

 

まとめ

上記を比較表にまとめました。

フィルターの種類水圧の減少効果期間価格
繊維活性炭
亜硫酸カルシウム
ビタミンC

 

肌や髪に何かしらの悩みがある方や、赤ちゃんのいるご家庭ではシャワー用の浄水器が有効であると思います。今お使いのシャワーに気になることがあれば、検討されてみてはいかがでしょうか。

※水道水から遊離残留塩素を抜くことで浴室にカビが生えやすくなるとの意見もあるようですが、カビの発生原因は有機物(シャンプーや石鹸)が主ですので、遊離残留塩素の有無に関わらず、シャンプーや石鹸を使用した後は、しっかりと浴室を洗い流すことが大切だと思います。

なお、管理人は水生活製作所のジョワーを使用しています。除塩素性能はもちろんのこと、節水機能やストッパー機能などもついており、浄水機能以外でも便利なシャワーヘッドとなっておりオススメです。

気になる方はジョワーをお調べいただければと思います。

 

【Amazon】

水生活製作所 除塩素シャワーJOWER(ジョワー) ホワイト JS211-W

【楽天市場】

早川バルブ 浄水器 お風呂・シャワー用【JS211-W】(ホワイト) 除塩素シャワー[JOWER(ジョワー)] 【JS211W】 水生活製作所 MIZSEI[新品]【RCP】