電力乗り換えでも一括比較がお得

電力乗り換えでも一括比較がお得

電力自由化により、誰でも自由に電気の購入元を選択できるようになりました。

しかし、実際に乗り換えを行なった方はまだまだ少なく、乗り換えると非常にお得になることが認知されていないように思えます。

そこで今回は、今の電気代と複数の候補に乗り換えた場合の電気代を一括で比較できる方法についてご紹介したいと思います。

電力自由化とは?

電力自由化とは、法律の改正により2016年4月から電力の小売りが自由化されたことを指し、例えば今までは東京電力や関西電力など、電力会社からしか購入できなかった電気を許可を得た企業であれば誰でも販売できるようになりました。

これにより、電気小売会社毎に販売額や料金プラン、サービスを決めることができるようになり、今まで以上に消費者を意識したサービスや価格設定がなされるようになりました。

一括比較のメリット

  • 複数の会社から最安値を探すことができる
  • 比較を行う手間が省ける
  • 無料で利用できる

複数の会社から最安値を探すことができる

一括比較に登録されている企業すべてを一度に比較することができます。登録されている企業は聞いたことのある企業から、あまり馴染みのない企業まで多数登録されており、ご自身の情報だけでは知り得なかった企業を含めて比較を行うことができますので、より安い企業が見つかりやすい傾向にあります。

比較を行う手間が省ける

一括比較では最大で25プラン以上を一度に比較することができます。また、比較したプランはランキング形式で表示されますので非常に便利でわかりやすくなっています。

ご自身で複数のプランを比較し、お得な順に並べ替える作業は非常に手間がかかりわずらわしいものだと思います。

一括比較を行うことで、この手間と煩わしさを大幅に改善することができます。

無料で利用できる

一括比較はもちろん無料で利用することができ、電気料金に利用料金が上乗せされていることもありません。
利用者側は完全無料で利用可能です。

一括比較のデメリット

一括比較のデメリットとしては比較を行える企業が限られていることが挙げられます。一括比較には多くの企業が登録されていますが、電力を取り扱う企業はそれ以上にたくさんあります。

そのため、気になっていた企業が登録されていなかった場合、ご自身で比較を行う必要があります。

しかし、従来では全てご自身で比較しなければならなかったわけですから、大きなデメリットではないと思いますが、今後より使いやすくなることに期待しましょう。

どれくらいお得になるの?

実際にどの程度お得になるのかは利用環境によって大きく異なりますので一概には言えませんが、乗り換え前から比べると大抵の場合はお得になると考えられます。

具体的には管理人は従量電灯B、40Aの東京電力の契約から乗り換えましたが、月々500円から1000円弱ほどの節約に成功しました。
その他の体験談を聞いてみると、月々1000円超の節約に成功し、年間20000円もの額を浮かせている方もいらっしゃいます。

傾向としては、家族が多く三段料金になることが多い方が最もお得になる傾向にあるようです。

ただ、一段料金、二段料金でおさまっている方であっても電気代を大幅に安くできる可能性は充分にありますので、一度シミュレーションされることをオススメします。

よくわからない企業だけど大丈夫なの?

電力自由化に伴い、多くの企業が電気の小売に参入することとなりました。そのため、あまり馴染みのない、聞きなれない企業も多くなっているのが現状です。

とは言え、電気の小売に参入するには経済産業省の認可が必要で、また契約には、万が一契約していた企業が倒産した場合に備え、地域の電力会社から送電してもらうバックアップ契約も付随していますので、あまり馴染みのない企業であっても利用上の問題はないと考えられます。

まとめ

  • 一括比較では複数社から最安値を探すことができる
  • 上手くいけば年間20000円もの節約も可能に
  • 聞きなれない企業であっても電気が止まるおそれはないため安心

電気は生活に必須のもので、月々の支払いが必ず発生してしまうものですので、なるべく節約すべきだと思います。乗り換えをおこなえば月々少額ではありますが、確実に節約が可能ですので、この機会に乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

一括比較については下記で詳しくご紹介していますのであわせてご覧下さい。