【台風・豪雨】土砂災害の危険性【地震】

【台風・豪雨】土砂災害の危険性【地震】

大型の台風や豪雨は定期的に日本各地で被害を生じさせています。その被害の内容は雨に起因するもののほか、風に起因するものもあり、台風が接近した場合には雨・風の両方について注意する必要があると言えるでしょう。これらの被害は取るべき対策がそれぞれ異なるため、事前にしっかりと確認をし、備えておく必要があります。ここでは、雨・風の被害のうち、雨の特に土砂災害に焦点を絞って危険性と対策についてお話していきたいと思います。

土砂災害

土砂災害とは土砂崩れ(崖崩れ)を始めとする、命に関わる危険な災害のことを指し、主に以下の3つに分類されます。

  • 土砂崩れ
  • 地すべり
  • 土石流

土砂崩れ

通常、山の斜面は土砂同士の摩擦力などによりその形が維持されています。そこへ多量の雨が山中に吸収されると、形を維持するための摩擦力などが弱まってしまい、形を維持することが困難となり崩落してしまう現象のことです。

地すべり

地すべりとは山中の固さの異なる地層面が豪雨などによる水分を吸収することや、地震などにより形を維持できなくなり崩落してしまう現象のことです。土砂崩れと混同されてしまうかもしれませんが、地すべりは土砂崩れとは違い、明確なすべり面があることが特徴的です。

なお、北海道胆振東部地震で発生したものもこの地すべりであり、映像に衝撃を受けた方も多いと思います。

実は地すべりには発生さやすい地域があり、その1つは豪雪地帯、もう1つはグリーンタフと呼ばれる凝灰岩が多く含まれる地層を有する地域において発生しやすいと言われており、今回の北海道胆振東部地震の被災地域も、グリーンタフを多くを含む地域でありました。

土石流

土石流とは土砂が水とともに流れ落ちる現象のことで、主に2つの要因で発生すると言われています。1つは土砂崩れや地すべりにより発生した土砂が地下水や雨水と混ざり合い発生し、もう一つは渓流内に堆積している土砂が豪雨などにより流されて発生すると考えられています。

 

なお、いずれも豪雨時のみならず、地震時においても発生することがあり、2つの原因が組み合わさる豪雨後の地震はもっとも危険であると考えられます。

危険性

万が一土砂災害が発生した場合、山や崖の直近ではもちろんですが、規模によっては広範囲まで広がってしまう可能性も十分にあります。

海外の事例では、土砂崩れで崩れた土砂が数キロ先まで達してしまうほどの土砂災害も発生しており、山から少し離れているからといっても安心はできません。特に土石流については日本でも広範囲まで被害が発生しているため注意を払う必要があると言えるでしょう。

なお土砂災害は、住宅でさえ飲み込み破壊されてしまうほどの威力ですので、巻き込まれてしまった場合にはひとたまりもないでしょう。

対策

  • 発生する可能性を把握する
  • 予兆を見逃さない
  • 万が一の備えを忘れない
  • 自治体からの情報を確認する

発生する可能性を把握する

1番大切なことは災害が発生する可能性をしっかりと把握しておくことです。そのためには、各自治体が作成しているハザードマップをしっかりと確認することが重要で、生活地域にどんな危険が潜んでいるのか把握することができます。しっかりと危険性について把握することで、家族と災害時の対応について打ち合わせを行うことや、事前の対策を取ることも可能となります。

予兆を見逃さない

土砂災害の予兆としては、豪雨であることはもちろん大きな予兆になりますが、豪雨のほか、土砂災害の発生前には何らかの水の動きがあると言われています。

例えば、土砂崩れや地すべりの場合には崖や斜面から水が湧き出てきたり、今まで湧いていた水が濁ってきたり、土石流の場合であれば雨が降っているのに河川の水位が低下するなどが挙げられます。

また、これらの水の動きのほか、山鳴りや地鳴りが発生するとも言われており、普段聞き慣れない音がした場合には土砂災害の発生を疑うとよいと言えます。

ただし、上気した予兆は土砂災害前に必ず発生するというわけではないので、注意いただくとともに、何かしらおかしいと感じたらすぐに避難することを心掛けてください。

万が一の備えを忘れない

万が一、土砂災害が発生しそうな状況におかれた場合に備え、最低限の準備をしておくことをオススメいたします。避難先で数日間から数週間過ごす可能性がありますので、長期間の滞在を想定した対策を取っておくことが望ましいです。具体的には以下のものについて確認しておくとよいでしょう。

  • 水と食料
  • 非常用トイレ
  • 簡易雨具(ポンチョ、カッパなど)
  • 防寒グッズ
  • 応急手当セット(消毒液、包帯、絆創膏など)
  • 簡易寝具
  • 多機能照明(発電機能付)
  • 生活用品
  • その他

防災グッズの準備については以下の記事でもご紹介しています。あわせてご一読ください。

参考記事:災害に対する備えって?【防災グッズ編】

自治体からの情報を確認する

土砂災害の危険が高まると、自治体から避難情報などが発信されます。これはテレビやラジオなどの公共電波のほか、インターネットなどを通じて最新情報を得ることもできますので、事前に自治体のHPや自治体の運営している情報発信媒体をブックマークしておくなど、すぐに確認できるようにしておくとよいでしょう。

また、避難情報が発信された場合には、「まだ大丈夫」と自己判断せずにしてください。万が一が起きてからでは取り返しがききません。そうならないよう、少しでも早い避難を心掛けてください。

まとめ

  • 土砂災害は3つに分類される
  • いずれの災害も予兆には水と音が関係している
  • 発生の可能性を把握し、しっかりと準備をしておくことが大切
  • 自治体からの避難情報を参考に、素早い避難を行う

いつ何時避難せざるを得ない状況になるかわかりません。そんな状況に陥っても最低限の生活は確保できるよう、備えをしておくことをおすすめいたします。

あわせて以下もご一読ください。

参考記事:災害に対する備えって?【防災グッズ編】

管理人は下記のサイトで防災グッズを購入し、自宅と車に備蓄しています。セットだけでなく、個別の販売もしており、品揃えも豊富です。災害が起きるその前に、準備を始めてみてはいかがでしょうか。

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ