【地震被害】建物に入るひび割れ

【地震被害】建物に入るひび割れ

地震による建物被害で1番多い被害は建物の壁などに生じるひび割れ被害です。壁などにひび割れが生じるということは建物が本来持っている性能を損なってしまう危険性が高いものであり、ひび割れの入り方によっては建物が倒壊してしまう可能性もあるほどです。

地震が起きた後、ご自宅にひび割れが入っていた場合、それが直ちに危険であるのかどうか心配になるかと思います。ここでは建物、特に鉄筋コンクリート造のマンションなどに入るひび割れについて、危険性の高さを含めお話したいと思います。

ひび割れの危険性の差とは?

建物に入るひび割れとして、大きいものが危険で小さいものはそこまで危険ではない、一言で言えばこうなるのですが、実はひびの入る場所やひびの入り方によっては一概にこの限りではなく、大きなひび割れであったとしても建物自体が倒壊するような危険性はない場合もあるのです。

ひびの入る場所

ひびの入る場所としては、柱・梁などの構造躯体、外壁および内装が挙げられます。

1番目につき、気になってしまうのが室内からよくみえる内装のひび割れですが、実はこのひび割れは大した危険性はありません。内装のひび割れは主に、内装の仕上げに使用されているクロスや塗装がひび割れているだけであって、美観以外には大きな実害はないと言え、例えば部屋の天井から床まで縦に一直線にひび割れが入っていたとしても大きな問題ではないと考えられます。

ただし、ひび割れではなく、内装の下地である石膏ボードなどが剥がれかかっていたり、倒れてきていたりするのは別の問題です。実際に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)などにおいては、石膏ボードが下地の軽量鉄骨材とともに倒れてくる事故も発生していますので、下地である石膏ボードの剥がれや倒れなどを見かけた場合には近づかないようにするとよいでしょう。

また、柱・梁などの構造躯体や外壁についてはひびが入ることで、本来持っている性能を基本的には損なってしまうと考えるべきだと思います。例えば防水性についてはひび割れ部分から漏水が起きますし、耐震性についてはひびの入り方にもよりますが、基本的には低下していると考えるべきでしょう。

ひびの入り方

上記した構造躯体や壁にひびが入ったからと言っても、すぐに建物が倒壊してしまうかというと話は別で、危険なひびの入り方と、そうでないひびの入り方があり、危険なひびの入り方であった場合には、直ちに退避が必要ですが、そうでない場合には後々の補修や補強などで十分対応可能であると考えられます。

ひびの入り方として危険なものとしては、柱や壁にx字にひび割れが発生しているものは特に危険(梁の場合は根元部分で斜めにひび割れ)となっています。柱にこのひび割れが入っていた場合には、建物に倒壊の危険があり、また壁に入っていた場合には壁が建物を支えている場合には柱同様に倒壊の危険があり、そうでない場合には壁自体の脱落などの危険があります。従って、このようなひび割れが入っているのを見つけた場合には直ちに退避するとともに、安易に近づかないようにしてください。

また、x字でなくても大きく深いひび割れについては注意が必要で、度合いによっては退避が必要になることもあります。こちらの判定基準については素人が判定するには難しいため、専門家の判断に従う必要があります。

まとめ

  • ひび割れは全てが危険であるわけではない
  • 内装のひび割れは基本的に問題ない
  • 柱や壁にx字のひび割れは即退避

なお、他のひび割れについては即退避とまではいかずとも、継続使用を行う上では補修は必須事項となると思います。建物に何かしらの被害を受けた場合には、ご自身のみで判断するのではなく、なるべく早い段階で専門家に検査してもらうことをオススメいたします。