【地震対策】家具の対策はお済みですか?

【地震対策】家具の対策はお済みですか?

以前の記事では防災対策として防災グッズなどの常備をオススメしましたが、地震への対策としてはその他にも準備をしておくべきものがあります。それは家具への対策です。過去に発生した地震では、家具などに押し潰される被害のほか、家具の倒壊により避難経路がふさがれてしまった事例なども発生しています。また、重いタンスなどはもとより、一つ一つは非常に軽量な食器などによる被害も考えられます。ですが、これらの被害はちょっとした対策を行っておくことで未然に防ぐことができるのです。ご自身やご家族の安全を確保するためには何をすべきか。今回は、家具の地震対策についてご紹介したいと思います。

家具の配置を見直そう

上記でもお話しましたが、過去の地震においては家具により避難経路がふさがれてしまった事例が発生しています。これはタンスなどが倒れてしまいドアが開かなくなってしまったことが主たる原因です。家具の大きさにもよりますが、中身の入った家具は非常に重く、大型の家具が倒れた場合は大人であっても復旧が困難になってしまうこともあります。また、お子さんがいるご家庭で、お子さんが部屋で1人の時にそんな事態が生じたら、お子さんは部屋に閉じ込められてしまうことになるでしょう。

そうならないためには、出入口付近に家具を置かないようにするとよいです。また、大型の家具でなくとも、扉が室内側への内開きであった場合は外から扉を開けることが困難になることも予想されます。家具の大きさにかかわらず、出入口付近から離して配置するべきであると言えます。

家具、家電を固定しよう

さて、上記では家具の配置について触れましたが、出入口付近から家具を移動しただけでは安全とは言い切れません。震度6前後の大地震とものなると、家具や家電が恐ろしいほどに暴れると言われています。特に重量のある家具、家電については注意が必要で、重量物に体当たりされては良くて怪我、下手すると命が危険にさらされることも想定されます。そのため、それらの家具、家電については適切に固定する必要があると言えます。ここではタンス、テレビ、冷蔵庫を例に出し、固定方法についてご紹介いたします。

タンスの固定方法

タンスなどの大型の家具は壁面に固定するのが1番安心できます。具体的にはチェーンやL型の金物で家具と壁を一体にする対策が取られています。しかし、ここで注意いただきたいのが取り付ける壁面です。室内側の壁面は通常、石膏ボードにより構成されていますが、石膏ボードは強度が低い材料ですので家具などを固定することができません。ですので、家具などの固定は石膏ボードが貼り付けられている下地に対して行わなければいけないのです。この下地には一般に、木材もしくはLGSと呼ばれる軽量鉄骨下地が用いられており、下地チェッカーなどの道具で下地の位置を確認することができます。なお、外壁が鉄筋コンクリートであった場合、外壁面の室内側の石膏ボードはGL工法と呼ばれる接着剤による張り付けがなされている可能性があります。その場合、ビス(ねじ)による固定ができませんので、木材やLGSなどの下地がある面に配置を変更する必要があります。

また、賃貸物件の場合、上記のような固定を行うと、退去の際に原状回復費用が発生してしまうこともあります。現在では金物などによる固定以外にも、壁に穴を空けない地震対策グッズが発売されていますので、それらを使用しても良いと思います。

テレビの固定方法

近年、テレビは薄く、かつ大型化しているため、地震などの揺れには非常に弱くなっています。加えて、テレビは高価であるため、安全のためだけでなく、資産を守る意味でも対策をしておきたいところです。具体的な対策としては、テレビの脚に粘着性のあるシートを挟むことが1番簡易的な方法です。ただし、テレビを設置しているテレビ台が揺れてしまった場合には、地震による揺れと相まって、非常に大きな揺れとなってしまうこともあり、シートだけでは万全とは言い切れません。そんな時にはテレビ台とテレビの裏面を市販の金物を使って固定すると良いでしょう。シートと組み合わせて使用することで大地震時においても一定の安心を得ることができます。

冷蔵庫の固定方法

冷蔵庫は背が高く、また、冷蔵庫自体にビスを打ち込むことができないので、天井と冷蔵庫を突っ張り棒で突っ張ることが一般的です。工具などが不要なため、非常に簡単に取り付けることができますが、適切な取り付けを行わないと適切な効果を発揮することができません。具体的には、使用する突っ張り棒は地震対策用のものを用いることと、冷蔵庫の四隅に取り付けることが必要です。前者については、通常の突っ張り棒では強度などが不足する可能性があり、後者については、地震で揺れたときに外れてしまう可能性があるためです。と言うのも、例えば冷蔵庫の奥側二箇所で突っ張った場合、冷蔵庫の前方への揺れについては強いですが、後方への揺れには非常に弱く、すぐに外れてしまいます。タンスなどと異なり、冷蔵庫の後方にもスペースがあることが多いため、後方へも揺れてしまいます。そうならないために、しっかり四隅で突っ張る必要があるということです。なお、背の高いタンスで裏面が壁面と接しているのであれば、奥側二箇所で十分な効果を得ることができます。

窓ガラスの飛散防止をしよう

以前の記事でもお話しましたが、窓ガラスについても注意が必要です。通常の窓ガラスは完全に安全とは言い切れず、割れてしまった時に凶器と化します。特に施工ミスや手抜きなどにより、地震による揺れに弱くなりがちであるため、どれが安全でどれが不安全かを見た目だけで判別することは難しいです。そのため、基本的には割れると判断し、事前に対策を取っておくことが望ましいと言えるでしょう。具体的には、ガラス面に室内側から飛散防止フィルムを貼り付けるとよいでしょう。貼り付けるだけですので、素人でも簡単に行うことができ、また、剥がせば元のガラス面になりますので賃貸住宅においても実施可能な対策と言えます。ただし、フィルムを綺麗に貼るにはコツが必要ですので、見た目にこだわる方はプロへ依頼されることをオススメします。

食器棚にも対策をしよう

地震時には食器棚からの食器の飛び出しにも注意が必要です。食器が直撃しても致命傷にはなりにくいですが、大量の食器が落ちてきますので危険であることに変わりはありません。また、食器が割れてしまった場合には避難経路を危険物でふさがれてしまうことになりますので、食器棚への対応も重要なポイントと言えます。具体的な対策としては、食器棚の扉が地震時に開かなくなるように対策することが1番の対策になります。しかし、これを行うには扉に地震対策用の金具(耐震ラッチ)を取り付ける必要があり、賃貸物件では難しいと思います。そんなときは食器棚に滑り止めシートを引いてあげることでも多少の効果を得ることができます。ただし、万全な対策ではなく、多少はまし程度のものなので過信は禁物です。

まとめ

  • ご自身と家族を守るには事前の対策が必須
  • 対策は安全確保のほか、避難経路の確保にもつながる
  • 適切な効果を得るためには適切な取り付けが必要

地震はいつくるかわかりません。また、地震の強さと揺れ方も、地震が発生しないとわからないものです。ですが、事前の対策を講じることで地震による被害は確実に減らすことができます。これを機に、ご自宅の防災対策について見直しをしてみてはいかがでしょうか?

防災グッズについては以下の記事をご覧ください!

参考記事:災害に対する備えって?【防災グッズ編】