災害に対する備えって?【防災グッズ編】

災害に対する備えって?【防災グッズ編】

みなさんは地震に対する備えをしていますでしょうか?地震なんて滅多にこないから大丈夫だと思っていませんか?確かに、ご自身が被災されることは滅多にないかもしれません。ですが、南海トラフや東海地震の話題が定期的に上がっているように、日本に住んでいる限り「絶対に地震はこない」とは言い切れないのです。また、日本は地震だけではなく、富士山や阿蘇山、箱根山などの「噴火」や河川の「洪水」などの災害についても起こりうる国です。

では、そのような災害に対する備えはどうすればいいのでしょうか?今回は災害に対する最低限の備えについてお話したいと思います。

防災グッズの必要性

内閣府が出している「南海トラフ地震における具体的な応急対策活動に関する計画」によると、

「発災から3日間は家庭等の備蓄と被災地方公共団体における備蓄で対応することを想定し、国が行うプッシュ型支援は遅くとも発災後3日目までに、必要となる物資 が被災府県に届くよう調整する。」(内閣府:www.bousai.go.jp)

とされています。

つまり、被災後3日間は支援なしで、自分たちだけで生活を行わなければならないのです。また、支援物資が届いたとしても、被災直後は最低限の量しか届かないことも予想されます。従って、3日間~1週間程度は生活できる程度の備蓄を備えておくことが望ましいと考えられます。
この時、各家庭に備蓄がなかった場合はどうなるでしょう?ただでさえ精神が疲弊している上に、空腹や喉の渇きなどにも襲われてしまいます。そうなると体調を崩してしまうと同時に、更に精神が疲弊し理性的な思考も失われてしまうと考えられます。
よって、このような悪循環を防ぎ、最低限生活をしていける程度の備蓄は備えておく必要があると言えます。

最低限の備え

では、3日~1週間をしのぐためには、どのような物が必要になるのでしょうか?管理人は以下の順に必要であると考えます。ただし、順位付けをしたからと言っても、下位のものが不要というわけではありません。あくまでも必要最低限の備えであり、ここに記載された以上に備えておくこともよいと思います。

  • 水と食料
  • 非常用トイレ
  • 簡易雨具(ポンチョ、カッパなど)
  • 防寒グッズ
  • 応急手当セット(消毒液、包帯、絆創膏など)
  • 簡易寝具
  • 多機能照明(発電機能付)
  • 生活用品
  • その他

水と食料

まずは水と食料、これは生きるためには必須であると考えます。なお、水(飲用)については、前述の内閣府の資料に、1人当たり、1日3リットル必要であると記載されています。従って、3日であれば9リットル/人、1週間であれば21リットル/人が必要です。また、食料については調理不要のレトルト食や保存食が望ましいでしょう。

非常用トイレ

被災時においては水が止まってしまう(断水)のため、水洗のトイレを使用することが出来ません。よって、断水が復旧するまで、もしくは仮設の簡易トイレが設置されるまでしのがなくてはなりません。男性の場合は最悪、外でなんとかできるかもしれませんが、女性はそうはいかないと思います。そんな時に、非常用トイレを備蓄しておくことで、人としての尊厳を保つことが出来ます。

簡易雨具(ポンチョ、カッパなど)

もし被災時などに雨が降っていたらどうでしょうか?着替えもまともにないまま雨に濡れるということは非常に危険です。濡れた服により体温を奪われ、命の危険すらあるでしょう。それを避けるためにも簡易雨具は必須であると思います。また、簡易雨具は風を通しにくい素材ですので、緊急の防寒対策としても用いることができます。

防寒グッズ

これは避難所において寒さをしのぐ上で必須であると思います。人は寒いだけで体力を奪われ、また気持ちまで暗くなってしまいます。被災時に耐力を奪われることは非常に危険ですので最低限の防寒グッズを用意しておく必要があります。

応急手当セット(消毒液、包帯、絆創膏など)

被災時や避難時に、尖った部分で手足を切ったりすることがあります。それらの箇所を長期間放置することは感染症などの危険もありますので、できるだけ早めに簡易的な処置を施し、清潔な状態を保つことが望ましいです。

簡易寝具

避難所などには寝具がないことが多いと思います。奪われた体力や精神を少しでも回復させるためにも睡眠は欠かせない存在です。1日、2日程度であればなんとかなるかもしれませんが、1週間となるとどんな人であっても参ってしまいます。そのため、簡易的なエアーマットなどを備蓄しておくとよいかもしれません。

多機能照明(発電機能付)

被災直後は電気の供給もたたれてしまい、夜になると真っ暗になってしまうことが多いです。そんな時に、照明が一台あるだけでも心強いと思います。また、照明にラジオや携帯電話の充電機能を組み込み、手動で発電(電池不要)できるものも発売されています。被災直後は情報を入手する手段が限られているため、ラジオなどの情報入手手段があることが望ましく、また、安否確認で携帯電話を使用する機会も多いため、照明を用意する場合は多機能型の照明を準備しておくとよいでしょう。

生活用品

ラップや紙皿などのほか、水を使わなくても体を清潔な状態に保つことのできる製品があるとよいと思います。特にラップと紙皿は重要で、紙皿の上にラップを張った状態で使用すれば貴重な水を使って食器を洗う必要がなく、紙皿も再利用できるため、重宝すると思います。

その他

これらの他に、家庭の家族構成によってはおむつ(大人用、子供用)や、赤ちゃんの食事も必要になります。特に赤ちゃんの食事については支援物資として入手しづらい可能性も高いため、必ず備蓄しておくとよいでしょう。また、アレルギーをお持ちの方も要注意です。支援物資として支給されるものにアレルギーがあった場合、支援物資に頼れなくなってしまう可能性があります。そのため、ご自身用の食料を多めに備蓄しておくとよいでしょう。

防災グッズの置き場所

防災グッズを押入れやクローゼットなどの中に入れておくと、有事の際にすぐに持ち出せませんよね?地震は元より、噴火、洪水などは一刻を争うこともあります。ですので、有事の際にすぐに持ち出せる場所に保管しておくことが望ましいです。また、万が一自宅が損壊し、立ち入ることが出来なくなった場合に備え、車や物置があるご家庭の方は、そちらにも多少の備えをしておくと、リスクの分散と備蓄の増加につながります。

まとめ

管理人は地震の被災地を調査した経験がありますが、住宅は倒壊してなくとも、「危険」と判断され避難を余儀なくされている方もたくさんいらっしゃり、その方たちは地域の公共施設などに避難されておりました。被災後、1カ月が経っても不便でつらい生活をおくられているのも目にしています。みなさんも、いつ何時そのような環境に身を寄せることになるかわかりません。そんな状況に陥っても最低限の生活は確保できるよう、備えをしておくことをおすすめいたします。

管理人は下記のサイトで2セット購入し、自宅と車に備蓄しています。セットだけでなく、個別の販売もしており、品揃えも豊富です。災害が起きるその前に、準備を始めてみてはいかがでしょうか。

シリーズ累計販売数60,000セット突破 防災セットSHELTERシリーズ