消費税増税。支払いはクレジットカードが中心に??

消費税増税。支払いはクレジットカードが中心に??

消費税増税が2019年10月1日より実施される可能性が高まりました。現行の8%から10%への2%の増税になりますので、家計への影響は少なくないと考えられます。

いくら景気が上向いてきているとはいえ、実感や実益としてはまだまだだと思われている方も多いはず。政府もそんな状況を知ってか知らずか、増税時の消費減に対する緩和策を模索しているようです。

現在判明している緩和策としては、食品などの対象商品に対する税を軽減し、現行の8%のままとする軽減税率のほか、クレジットカードをはじめとするキャッシュレス決済を利用すると増税された2%分をポイント還元する案などが検討されています。

これらの案のうち、今回の記事では還元案についてご紹介していきたいと思います。

還元を受けられるキャッシュレス決済は?

現在わかっている時点の情報では、クレジットカードを主として還元を行なっていく方針であるようです。また、クレジットカードのほか、SUICAやPASMO、楽天edyなどの電子マネー決済も対象に含めるよう議論がなされているようです。

どちらも還元の対象となるのであれば、コンビニなどにおいてはSUICAや楽天edyなどの電子マネー、その他の買い物においてはクレジットカードによる支払いが便利で、かつ、お得に買い物をすることができると考えられます。

還元されたポイントはどこに入る?

上記のように、クレジットカードなどのキャッシュレス決済において増税分の2%がポイントなどで還元される場合、その2%分はどのような形で還元されるのかというと、基本的にはクレジットカード会社のポイントにより還元されると言われています。しかし、SUICAなどのポイント制度を持たない電子マネーの場合にはどのように還元されるかは不明瞭な状態となっており、現段階で確実性が高いのはクレジットカードのみということになります。

なお、この増税を機に、政府はクレジットカード会社へ小売店に対する手数料を引き下げるよう要請を出しているとも言われています。

要請が通った場合、より多くのお店でクレジットカードを利用できる可能性が高くなると言えます。と言うのも、現在のクレジットカードの小売店に対する手数料というのは、小売店の規模が小さいほど高く設定されているため、個人商店などではなかなか導入できない状態でありました。そこに増税分のポイント還元によるクレジットカード決済の需要増加と、手数料の引き下げが重なった場合、今まで手が出せなかった個人商店であっても導入に踏み切るお店も少なくないと考えます。

そうしたことが波及し、キャッシュレス決済の推進をはかることも政府の目的の一つでありますので、今後はクレジットカードなどのキャッシュレス決済がより優遇される可能性があると言えるでしょう。

結局は何が1番お得なの?

現段階での情報では、増税分の還元を受けるにはクレジットカードによる支払いが最も適していると考えられます。ただし、あくまでも現段階における話でありますので、仮に電子マネーなどにおいても還元が受けられることが確定した場合にはクレジットカードと電子マネーの併用が最もお得な組み合わせとなると考えられます。

いずれにせよ、お得に買い物を行うにはクレジットカードが必須となりますので、クレジットカード未所持の方はこの機会に準備されてはいかがでしょうか。

住宅でも使用できる??

住宅の購入に対しては、通常の場合ではクレジットカードを利用することはできません。しかし、リフォームや修繕の場合であればクレジットカードを利用することもできる業者もありますので、リフォームなどをお考えの方は、クレジットカードの利用可否なども業者選定の目安として業者探しを行なってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • キャッシュレス決済で増税分をポイントで還元できる
  • 最もお得にするにはクレジットカードが必須
  • キャッシュレス決済の普及をはかるため、よりお得な政策が打ち出される可能性もある

現段階においてもクレジットカードは利便性が高く、かつ、非常にお得なものとなっています。日本では現金による支払いが未だに多数を占めていますが、政府は今回の増税を機に、一気に普及させようと動いてくる可能性もあります。

その場合には、クレジットカードなどのキャッシュレス決済がより優遇されることとなりますので、そうなる前に事前に準備をされてはいかがでしょうか?

クレジットカードは現時点でも非常にお得なものですので、一枚もっておいても損はないのではないでしょうか。