【マンション】上下階の遮音性能は床によって大きく違う!

【マンション】上下階の遮音性能は床によって大きく違う!

みなさんは上階からの音って気になったことはありませんか?クローゼットを開け閉めする音や、引き戸を引く音、はたまた歩く足音など、上階からの音は意外と聞こえてくるものなのです。ですが、これらの聞こえてくる音の大小は、実は建物の床の構造や構成によって大きく異なることをご存知でしょうか?マンション、アパートなどの共同住宅などでは特に気になってしまう上階の音。それを軽減するにはどんな床がいいのか。今回は床の遮音性能についてご紹介したいと思います。

音の種類

上階から伝わってくる音には「重量衝撃音」「軽量衝撃音」の2種類があり、それぞれの特徴は以下の通りとなっています。

重量衝撃音

子供が飛び跳ねたり、重いものを落としたりしたときに発生する「ドスン」とした重く低い音のことを指します。

軽量衝撃音

椅子を引く音であったり、スプーンなどの軽いものを落としたりしたときに発生する軽く高い音のことを指します。

音の伝わり方と遮音性向上策

上下階の音の伝わり方は、壁などの空気の振動による音の伝わり方とは異なり、物を落とした時の振動が、梁や床などに伝わり振動することで上階から下階へ伝わります。つまり、梁や床へ振動を伝えないこと、および梁や床の振動を抑えることで、上下階の音の伝搬を抑制することができるのです。

では、具体的にはどのような対策をはかればいいのでしょうか?ここでは重量衝撃音、軽量衝撃音それぞれの対策についてお話したいと思います。

重量衝撃音対策

重量衝撃音の対策としては床や梁に、重く、かつ曲がりにくい(剛性が高い)ものを用いることが有効な対策になります。具体的には、床の厚さを厚くしたり、梁の大きさを大きくしたり、床を支える小梁の間隔を小さくして、床自体が単独となっている面積を小さくするなど、梁や床が揺れるのを抑えることが有効と言えます。一般的には梁や床に重いものを用いるほど、重量衝撃音は軽減することができます。つまり、木造や鉄骨造などの軽量な部材は重量衝撃音に弱く、鉄筋コンクリート造などの重量のある部材は重量衝撃音に強い傾向にあるということです。ただし、木造や鉄骨造などの軽量な部材であっても床材に重量のある建築材料を追加することで、ある程度の対策をはかることができます。

軽量衝撃音対策

重量衝撃音と同様に、床や梁に、重く、かつ曲がりにくい(剛性が高い)ものを用いることが有効な対策になります。しかしながら、軽量衝撃音は一般に、軽くて硬いものを落とした時に発生する音であるため、床の表面などに対策を施すことで大幅に改善できると言えます。具体的には、床の表面をカーペットなどの柔らかい材質のもので覆ってしまうことなどが挙げられます。また、床を乾式二重床にし、構造体としての床(スラブ)の上に仕上げとしての床を設置する工法も効果的で、構造体としての床と仕上げとしての床との接地部分(束)にゴムなどのパッキンを挟むことで、仕上げとしての床から構造体としての床へ振動を伝えないようにすることも可能です。

上階の音が気になる人が住まいを選ぶ際に注意するポイント

建物の構造に注意

上記でも記載しましたが、木造や鉄骨造など、部材が軽量であるほど振動しやすく、音を伝えやすいです。まずは希望するお住まいの構造がどんな構造であるのかを確認しましょう。

床の材料や厚み、小梁の配置間隔に注意

鉄筋コンクリート造の場合の床(スラブ)は鉄筋コンクリート造ですが、木造や鉄骨造の場合は様々な建築材料が用いられることがあります。

木造の場合(参考)

床の構成材が構造用合板のみであったりすると遮音性が非常に低い可能性が高いため、構造用合板の上に重量がある部材(ALCパネル、遮音シートなど)を追加した構成などが好ましいと言えます。

鉄骨造の場合

床にデッキプレートを用いると床の厚さが薄く、かつ小梁の間隔が広くなりがちです。ショッピングセンターなどで床が「グワングワン」と揺れているのを感じたことのある方もいるかもしれませんが、それくらい揺れを生じやすい材料であると言え、住宅向けには不適であると管理人は考えます。鉄骨造の場合はALCパネルなどの、ある程度重量があり小梁間隔が広くならない部材が好ましいと言えます。ただし、ALCパネルなどだけでは遮音性能が不足してしまうため、ハウスメーカーなどは各社で追加の対策を行っていますので、そのような面からも作り手選びをしてみるとよいでしょう。

鉄筋コンクリート造の場合

床(スラブ)を支えている小梁の間隔が広くなってしまうと、揺れを伝えやすくなってしまいます。床の厚さが厚くても、小梁の間隔が広くなってしまうと遮音性能は低下する傾向にあります。ボイドスラブ(スラブの内部が中空になっているもの)などを用いる場合は小梁の間隔が広くなりやすいため特に注意が必要です。

建物の構造に続いて、構造体としての床の材料や厚みと小梁の間隔がどのようなものであるのか確認しましょう。

床の構成に注意

例え鉄筋コンクリート造であっても、軽量衝撃音は下階へ伝わってしまいます。そこで重要になるのが、床の構成です。基本的な考え方としては、床の仕上げ面(フローリングなど)からの衝撃を構造体としての床(スラブ)に伝えないことが重要になります。具体的には、構造体としての床の上に、緩衝材などを設置しないまま仕上げとしての床を施していないかを確認するとよいでしょう。なお、緩衝材を設置する仕様の中にも複数のグレードが存在しますので、詳しくは専門家へ確認することをおすすめいたします。

浴室(ユニットバス)にも注意が必要!

浴室で発生した軽量衝撃音は下階へ伝わってしまうことも多く、思いのほか大きく不快な音が発生します。これらの音は特に夜間に発生することが多いため、上階の方との生活リズムの違いにより、眠りにつくタイミングで騒音が発生することもあり得ます。これらを防止するには、ユニットバスを固定している脚部に防振・遮音対策を施すとともに、浴室からの排水管をグラスウールなどでしっかりと遮音する必要があります。
快適な住環境を得るためには、上記の注意点以外にもこれらのことにも注意することが望ましいと言えるでしょう。

まとめ

  • 床に関する音の種類には重量衝撃音と軽量衝撃音がある
  • それぞれによって効果的な対策が異なる
  • 遮音性が一番高いのは鉄筋コンクリート造
  • 床が重いほど、剛性が高いほど重量衝撃音には効果的
  • 軽量衝撃音はフローリングなどからの衝撃をスラブへ伝えないことが大切
  • ユニットバスの遮音対策も重要

ただし、上記はあくまでも一般的な話です。遮音性能は建物の構造や床の構成、断熱材の仕様など、様々な要因によって上下します。また、騒音の振動数と床などの固有振動数が一致してしまうと対策を施していても、振動数が一致した騒音だけがよく聞こえてしまう現象(コインシデンス効果)も生じます。したがって実際の遮音性能は建物の仕様によって大きく異なります。カタログスペックだけを見て選んでしますと、「こんなはずはなかった」と後悔してしまう可能性が高いです。特に遮音性能については快適な住環境ときってはきれない関係で、また、騒音問題は自身だけでは解決できない問題であり、後から悔やんでもどうにもならないことが多いです。後悔せずに快適な住環境を確保するためには、専門家や業者にしっかりと相談し、納得できるまで話し合いをすべきであると管理人は思います。

こちらの記事で業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】住宅の業者を探すにはどうしたらいいの?

間仕切壁(界壁)の遮音性能についてはこちらをご覧ください。

【マンション】間仕切壁(界壁)の遮音性能は仕様だけが決め手じゃない!