水道トラブルの原因と影響について

水道トラブルは一度発生してしまうと、大変な被害を出してしまう可能性があります。しかし、発生原因を知りわずかな予兆を見逃さなければ極々軽微な被害で済ますこともできるのです。

そこで今回は、水道トラブルの原因とその影響についてご紹介したいと思います。

水道トラブルの原因

水道トラブルの主な原因としては以下の二つが挙げられます。

  • 配管継手部の劣化
  • 凍結による破裂

配管継手部の劣化

水道トラブルとして最も多いのが、水道配管の継手(接続部)からの漏水です。水道配管の継手部としては配管となんらかの機器を繋ぐ部分や配管のルートを曲げるためのL型になった配管部分であったり、意外と様々な場所で用いられています。

これらは室内から目視で確認することができる場所のほか、壁の内部や床下部分、はたまたお風呂の中など目で確認できない部分でも多く用いられているのです。

そして、この継手と呼ばれる部分は一般に、ネジで嵌合して締め付けて接続する方式(ネジ込み式)のほか、差し込んで接着剤で接着する方式(接着式)があり、トラブルの多くはネジ込み式のタイプで発生しています。

ネジ込み式の止水方法としては、ネジ自体にシーリングテープと呼ばれる止水のテープを巻き付けるほか、器具との接合部にパッキンを用いる方法が主流となっています。そして、これらの止水を果たす部材が劣化してしまうことで漏水が発生してしまいます。

凍結による破裂

建物の外部でも配管の漏水は発生する可能性があります。建物の外部でも劣化による漏水も発生しますが、そのほかに、配管内部の水が凍結してしまうことで破裂してしまうことがあります。

水は凍ることにより、体積が増加するのですが、配管内部で凍った場合であっても同様なのです。

そして、凍結し体積が増えた分を吸収しきれずに破裂が生じてしまうのです。

この現象は屋外にさらされている配管のほか、土の中の浅い場所にある配管で発生しやすい現象ですので、漏水が発生しても中々気付きにくいといった問題点も含んでいます。

水道トラブルが起きると??

水道トラブルがおきた場合、室内の壁紙、床、天井などの仕上げ材や家財に汚れや剥がれなどの不良を生じさせ、最悪の場合には交換が必要になります。

しかしながらこれはご自身の住居内だけの問題なので致し方ない部分があります。

本当に問題なのはアパートやマンションなどの集合住宅の場合で、水道トラブルによる水漏れが下階へも影響してしまうことがあります。

仮に水漏れが下階にまで伝わり、下階の仕上げ材や家財を汚してしまったり故障させてしまった場合、その補償義務は水漏れを起こした上階の人間に発生します。

そのため、アパートやマンションで水漏れを発生させてしまうと多額の費用負担が必要となるおそれがあるため、注意が必要と言え、被害を防ぐために水漏れの予兆を見逃さないようにすべきです。

というのも、下階にまで影響を及ぼすほどの水漏れとは相当量の水が漏れている状態で、水道を全開にしたような状態に近いものがあります。それほどの水漏れは急に発生するわけではなく、微かな水漏れなどの予兆があるはずですので、それらの予兆を見逃さず、初期段階で対処しておくことが大切です。

なお、賃貸の場合でかつ、居住者に責任のないもの(配管の劣化など)の場合にはアパートやマンションの貸主に補償義務が生じます。また、分譲マンションなどで補償義務が生じた場合でも、火災保険の特約で対応できることがありますので、火災保険の特約を事前に確認し、特約がない場合には火災保険の見直しを行ってみるとよいかもしれません。

参考記事:【見直しでお得に】火災保険の見直しをしてますか??

水道代はどうなる?

水漏れが発生してしまったときには水道代も気になると思います。しかし、残念ながら水漏れの場合であっても水道代は支払わなくてはなりません

ただし、水道代を減額してくれる措置もあり、場合によっては大幅な減額も可能です。具体的には、以下の条件に合致する場合には減額の可能性があります。

  • 使用方法に問題がなかったこと
  • 壁内・土中など発見しにくい箇所で発生したこと
  • 漏水の修繕を終えていること

これらの条件に合致し、自治体に免責を認められれば減額を受けることができます。

なお、各自治体により細かな条件などが異なる可能性がありますので、詳しくは各自治体へお問い合わせください。

水道を修理してくれる業者は?

水道トラブルが発覚した場合、すぐにでも対処してほしいと思いますよね。ですが、誰でも対処できるかというとそうではなく、水道の修繕は自治体の指定した業者(水道局指定業者)のみしか不可能であると水道法により定められているのです。

そのため、誰でも構わずにお願いすることは厳禁ですのでご注意ください。以下で緊急対応が可能で、かつ、水道局指定業者のサイトをご紹介しています。

水道トラブルすぐに解決したい方は以下のサイトもご覧いただければと思います。

水回りのトラブルにお悩みの方は、水道救急センターにおまかせ!

対応地区:

東京23区内(港区や世田谷から立川市、調布市まで都内、都外全域対象)  千葉、埼玉、神奈川、茨城、大阪、宮城、福島

対応時間:

24時間 365日

緊急対応も可能!

【水漏れ】≪お電話1本で急行≫急なトラブルも年中無休、安心価格でサービス満点!

対応地区:

北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 山梨県 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知 県 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

対応時間:

8:00~24:00まで 365日

緊急対応も可能!