【劣化】外壁の塗り替えの合図【リフォーム】

建物の寿命を守り、健全な状態を保つためには外部の劣悪な環境から建物を守ってくれている外壁や屋根を定期的にメンテナンスしていくことが必要です。

ただし、ただメンテナンスを行えばいいというわけではなく、適切な方法でメンテナンスを行なっていかなければ良い効果を得ることができません。そのためにはメンテナンスの方法を知識として知っておく必要があり、知識不足が理由でリフォーム業者のカモとなってしまうことも少なくありません。今回は外壁のメンテナンスに焦点を絞り、ご紹介しますのでお役に立てていただければと思います。。

メンテナンスは何をみればいい?

外壁の劣化を点検するには目視と触診を行うとよいです。具体的には、外壁に塗られている塗料と、外壁の隙間や繋ぎ目に充填されているシーリングを点検することが望ましいです。

なお、点検する際には極力全ての面、全ての部位で行なってください。外壁は外壁が置かれている環境により劣化の深度が異なります。よく陽に当たっている箇所は劣化が早いですし、陽が当たらない場所で、非常に冷える場合であっても凍害などの劣化が生じます。そのため、どこが1番劣化しているのか定量的に定義することが難しいため、全ての箇所を点検する必要があるのです。

 劣化の合図は?

劣化の合図としては塗料面、およびシーリング部分の状態を確認することで概ね把握することができます。

塗料の劣化

塗料面の劣化としては、塗料を手で撫でた際に白い粉が手についていないかを確認してください。この白い粉は白亜化(チョーキング)という現象により発生するもので、紫外線や熱、風雨などにより塗料の樹脂が分解されてしまうことが原因となります。

その他、目視による確認で塗料に浮いている箇所、破れている箇所がないか確認を行ってください。塗料が浮いてしまっている箇所は内部から多量の湿気が発生している、もしくは漏水してしまった結果、膨れたような浮きが発生します。破れてしまっている場合には、上記の白亜化による分解と組み合わさり生じてしまったと考えられます。いずれにせよ、漏水や湿気のもとを絶たないことには継続的に発生してしまうため、安易に不具合箇所のみを直すことは避けるべきだと考えられます。

シーリングの劣化

シーリングの劣化としては、シーリングの硬化によるシーリングの破断が挙げられます。シーリングは健全時においては軟質のゴムのような柔らかい材料で、地震による建物の動きや、温度変化による伸び縮みに追従できるようになっています。しかし、劣化が進み硬化が起きると一転して前記した動きに抗おうとしてきます。その時、シーリング自体は強度が低い材料ですので、シーリング自体が破れたり、はたまた、くっ付いていた材料を破壊して剥がれてきたりなど、悪影響が生じます。

この劣化については、シーリングが置かれている環境のほか、適切な施工がなされていたかによっても劣化の進度は異なります。

具体的には、よく陽が当たり、また、寒暖の差が激しいような箇所は劣化が早い傾向にありますし、また、施工が不適切であった場合には劣化(異常がでるのが)早まります。

なお、不適切な施工とは、シーリングの幅や厚さを確保(概ね10mm以上が必要)出来ていなかったり、動きが大きい場所で動きに追従出来ない施工(三面接着)をしたりなどが挙げられます。

劣化の時期

塗装については使用している塗料にもよりますが、10~20年程度で、シーリングについては早くて3年、長くても10年以内には何らかの不具合が生じるでしょう。

一般的なメンテナンス周期としては築後10年でシーリングの打ち直し、築後20年で塗装の塗り替えとシーリングの打ち直し、といった形で10年周期でケアしていくことが多いです。ただし、20年以降は建物自体にも劣化が見え始める時期であるため、10年周期に関わらず何らかの対処が必要となることがあります。

メンテナンスはどうしたらいい?

前記したとおり、メンテナンスは適切な方法で行わなければ良い効果が得られません。業者に任せればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、残念のことにお金のことしか考えていない悪徳業者も多く、そのような業者に騙されないためには、適切な方法を把握し、業者に守らせる必要があります。

具体的には以下の内容は必ず守っていただきたいと思います。

塗料のグレードを検討する

塗料には多くの種類があり、種類によって耐久性や寿命が大きく異なると言われています。例えばアクリル系の塗料は耐久性が低いですし、フッ素やシリコン系の塗料は耐久性が高いです。

ですが、単純に耐久性が高いものを選べばいいわけではなく、耐久性と美観、および経済性を鑑みて選択を行うとよいでしょう。

いくら耐久性が高いといっても経年による汚れは防ぎきれません。そのため、寿命を迎える前に塗り替えを行なってしまう方も少なくありません。

汚くなってもメンテナンスを減らしたい方は高耐久の塗料を、綺麗なままを保ちたい方はほどほどの耐久性の塗料で定期的に塗り替えを行うとよいでしょう。

ただし、どの塗料を用いたとしてもシーリングの耐久性に変化はないため、シーリングのメンテナンスは10年程度おきに必須となってきますので留意が必要です。

管理人としては、上記したように、シーリングのメンテナンスが発生するので、中程度の耐久性の塗料、具体的にはウレタン系の塗料が経済的にも優れており、20年程度のスパンで塗り替えていくことをオススメします。

業者にすすめられるがままに高価な塗料を選択しないようご注意ください。

塗装の下地処理は徹底的に

既存塗料に劣化が生じている場合、上からそのまま塗装を重ねたのでは十分な付着力を確保することができません。ですので、新しい塗装を塗りつける前には必ず下地面の処理を行う必要があります。

高圧洗浄:

高圧の水を既存塗装面に吹き付けることで、既存塗装面の汚れや、既存塗装の浮きなどを除去し、新しい塗装の付着に適した下地をつくりだします。外壁を塗り替える場合は、必須の工程でが、悪徳業者などはこの工程を省略してしまうこともありますので注意が必要です。

ケレン:

高圧洗浄で落としきれない浮きや剥がれなどは手作業により除去する必要があります。一般にはディスクサンダーなどの電動工具が用いられ、下地である窯業系サイディング自体を傷付けてしまわないように丁寧に施工を行います。

シーリングは重ね打ち厳禁

原則として既存のシーリングをはがして打ち直すことをオススメいたします。業者の中には既存のシーリングをはがさずにそのまま重ねて施工する業者もいるようですが、避けたほうがよいと管理人は思います。と言うのも、シーリングが持っている性能を発揮するためには、シーリングに一定の幅と厚さを持たせてあげる必要があります。劣化したシーリングの上に再度重ねて施工しても、健全なシーリングは非常に薄くなってしまうため、本来の性能を発揮できないとともに、非常に短期間で問題が再発してしまう可能性が高いです。

まとめ

  • 外壁の劣化は目視、触診で確認する
  • 塗料の選択は耐久性、美観、価格のバランスで検討する
  • 塗装の下地処理を怠ると不具合がでる可能性あり
  • シーリングは必ず打ち直しを行う

リフォーム業者には、知識のない業者や悪徳業者が多いのが事実です。そういった業者に工事をお願いしても、綺麗な状態でいられるのはほんの一時であり、下手をすると現状よりも悪化をしてしまうこともあります。そういった業者に引っかからないためには、全てを業者任せにするのではなく、ご自身が一定の知識をつけて自衛することが必要です。リフォームをお考えの方は少しずつ調査を進めていくことを、管理人は強くお勧めします。

こちらの記事でリフォーム業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】リフォーム業者を探すには?