【戸建て・マンション】火災保険?地震保険?建物の保険って?

【戸建て・マンション】火災保険?地震保険?建物の保険って?

住宅は非常に高価な買い物です。そのため、万が一のことがあった場合には、多額の負債のみが残ってしまうこともあります。そのようなことが起きないよう、自動車同様に保険に入っておくことで、万が一のことがあったとしても保険でまかなうことができるのです。しかしながら、建物の保険ってどんなものがあるのか中々馴染みがないと思います。そこで今回は、建物の保険についてご紹介いたします。

建物の保険って何があるの?

建物に掛けることができる保険は、主に火災保険と地震保険の2つがあり、それぞれで補償内容が異なります。

火災保険

火災保険は住宅ローンを申し込む際に加入が必須であることが多いため、住宅を購入される大多数の方が加入しているものです。

補償対象:

建物や建物内の家具などの物品に対する以下の災害等への補償

火災・落雷・爆発※1・風災※2、ひょう災、雪災・外部からの物の落下、衝突※3・給排水管の水漏れ・騒擾(そうじょう)※4・盗難・水災※5

※1 爆発とは、一般にガス爆発などによる損害のことを指します。
※2 風災とは、台風などにより飛来してきた瓦などにより建物が破損するものを指し、人為的に生じたものは対象外になります。
※3 外部からの物の落下、衝突とは、車の衝突などのほか、子供が投げた石などによる破損も含まれます。
※4 騒擾とは、暴動などの行為により生じる損害のことを指します。
※5 水災とは、洪水による損害のことを指します。

補償対象外:

地震、津波および噴火などの大規模自然災害

 

火災保険では、全ての保険商品に上記全ての補償が含まれているわけではなく、商品によって補償対象が異なっています。また、補償対象を上記から必要な補償のみをご自身で選んで、不要な部分を省くことのできる保険商品も登場しています。

また、火災保険には地震、津波や噴火などによる大規模自然災害は補償対象外とされているため、それらに対する補償が必要な場合は別途、地震保険に加入する必要があります。

なお、地震、津波などが原因で発生した火災などの災害に対しても、火災保険では補償対象外になります。過去の地震時においても、火災保険のみに加入していた住宅が、地震による火災で被災した際に、保険金の支払いを拒否されており、これは裁判でも争われ、被保険者側の敗訴となった事例も存在しています。

加えて保険料は、住宅の面積、構造などにより等級が決められ、その等級によって保険料が異なります。例えば、耐火性の高さによっても保険料は異なり、より耐火性が高い建物の場合は保険料が安くなります。

補足情報:

火災保険には個人賠償責任補償特約という特約があり、これは火災保険に加入している住居に居住されている方が、普段の生活で他人に怪我をさせたり、物を壊してしまった時にも補償をしてくれるというものです。この特約は、例えば自転車で誰かをひいてしまい、重度の怪我を負わせてしまったり、最悪の事態になってしまった場合にも補償がなされます。月1,000円程度の増額で、個別に自転車保険に入るよりもお得で、手厚い補償の場合もありますので、検討されてみてもよいかもしれません。

 

地震保険

地震保険は単独で加入することができません。加入するときは必ず火災保険と一緒に加入する必要があります。なお、この保険は国と民間の損害保険会社が共同で運営しており、地震などの大きな災害時においても保険金の支払いが担保されております。

補償対象:

建物や建物内の家具などの物品に対する以下の災害等への補償

地震、津波および噴火などの大規模自然災害に起因した火災・損壊・埋没・流出

地震保険では、火災保険の保険金額により地震保険の保険金額が異なり、火災保険の30~50%相当の範囲内で保険金額を設定することになります。ただし、地震保険の保険金額には上限が設けられており、建物で5,000万円、家財で1,000万円が上限になっています。従って、地震等で建物が被災した場合には、この保険のみでは全壊した場合の再建費用が不足してしまうというデメリットもあります。
なお、保険料の設定は、建物の所在地と構造により定められており、地震などによる危険度が高い地域ほど保険料が高くなり、構造に関しては木造か非木造かで分けられ、木造の方が高くなります。建物の建築年(新耐震以降)や耐震等級(耐震性)、免震装置の有無などによって割引する制度もあります。

まとめ

  • 住宅ローン申込み時に火災保険への加入が必須
  • 火災保険では地震などの大規模自然災害が補償されない
  • 大規模自然災害へは地震保険の加入が必要
  • 火災保険は自転車保険の代替も可能

住宅ローンの申込み時に火災保険への加入が必須になりますが、最近の火災保険では、補償内容を取捨選択できますので、ご自身の住宅環境にあわせて選択するとよいでしょう。また、火災保険では、地震などによる火災などが補償対象外となってしまうため、火災保険とあわせて加入されることをおススメいたします。

また、保険商品には、被災時の時価により保険金額が変わるものと、新築時に評価した時の保険金額が維持されるものなど、様々なタイプのものが存在しています。火災保険を検討する際には、不動産会社などからおススメされたものだけではなく、複数の保険会社で保険商品を見比べてみるとよいと思います。似たような補償内容でも、保険料が10万円以上も違ってくることも多々あります。少しの手間で、大きな差が生まれてきますので、是非とも比較・検討をされてみてはいかがでしょうか?

火災保険・地震保険は以下のサイトで複数社から一括見積りを行うことができます。火災保険について興味がある方は、是非ご覧になってみて下さい。