耐火構造・準耐火構造・防火構造の違い

いざ住宅を計画しようとした際に、外壁や柱・梁などについて耐火構造が必要と言われたり、準耐火構造や防火構造が必要と言われたりするかもしれません。また、某社の防耐火構造に関する不良で耐火構造という言葉を耳にされた方もいるかと思います。

この耐火構造・準耐火構造・防火構造とは、火事(火)に対する強さを持った構造のことで、それぞれによって強さが異なります。

住宅を計画する際には、これらの性能について概要だけでも把握しておく必要があり、より強い性能を求められた場合には計画の自由度は大きく下がってしまいます。

そこで今回は、耐火構造・準耐火構造・防火構造について、それぞれの内容の解説をしていきますのでまずはどんなものかを知っていただければと思います。

耐火構造

建築基準法では?

法第2条第7号:

通常の火災が終了するまでの間当該火災による建築物の倒壊及び延焼を防止するために当該建築物の部分に必要とされる性能をいう

令第107条:

通常の火災による火熱がそれぞれ〇時間加えられた場合に、構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないものであること

※〇時間には部位や場所により30分、1時間、2時間、3時間などの数値が入ります。

簡単にいうと?

耐火構造とは、火災の終了まで建物が倒壊してしまうような損壊や、耐火構造の柱、梁、壁などを突き破って別の区画へ燃え移ってしまうことのないようにしてください。ということです。

ただ、法と令で言っていることが違うと思われるかもしれません。

建築基準法でいう「通常の火災が終了するまでの間」とは、居住者などの避難が完了し、消防隊が駆け付け、鎮火するまでの間の時間を示したものなのです。この時間は過去の火災例などをもとにして時間設定がなされており、具体的な性能としては令で示された時間(〇時間)、火で炙られ鎮火したあとも崩壊してはいけないと定めれています。

つまり、耐火構造と定められたものは火災後も在り続けなくてはならず、火災を火災発生場所のみでとどめておくためのものなのです。

準耐火構造

建築基準法では?

法第2条第7号の2:

通常の火災による延焼を抑制するために当該建築物の部分に必要とされる性能をいう

令第107条の2:

通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後〇時間構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないものであること

※〇時間には部位や場所により30分、45分、1時間などの数値が入ります。

簡単にいうと?

準耐火構造とは、火災中は建物が倒壊してしまうような損壊や、準耐火構造の柱、梁、壁などを突き破って別の区画へ燃え移ってしまうことのないようにしてください。ということです。

耐火構造とは違い、火災中の安全性能について規定したものであって、耐火構造は火災終了後(避難完了後)も建物として在り続けなければならないのに対し、準耐火構造はあくまでも火災中に在り続ければよいだけであり、火災終了後(避難完了後)は崩壊してもよいということになります。

法にも記載のあるとおり、準耐火構造は火災が燃え広がることを防ぐことが主たる目的であるといえます。

防火構造

建築基準法では?

法第2条第8号:

建築物の周囲において発生する通常の火災による延焼を抑制するために当該外壁又は軒裏に必要とされる性能をいう

令第108条:

  1.  耐力壁である外壁にあつては、これに建築物の周囲において発生する通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後30分間構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じないものであること
  2.  外壁及び軒裏にあつては、これらに建築物の周囲において発生する通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後30分間当該加熱面以外の面(屋内に面するものに限る。)の温度が可燃物燃焼温度以上に上昇しないものであること

簡単にいうと?

防火構造とは建物の外皮(外壁・軒裏など)に対して規定しているものであって、隣接する他の建築物などから火が燃え移ってこないようにしてください。ということです。

耐火構造や準耐火構造は建物の外からのみでなく、内側からの火災に対しても燃え広がらないことや火災中(耐火構造の場合は完了後)も構造上有害となる損傷のないことが求められることに対し、防火構造は建物の外からのみに対する性能が求められるものとなっています。

まとめ

耐火性能(耐火構造)火災が終了するまで建築物が燃えないようにする性能
準耐火性能(準耐火構造)建築物が燃え広がらないようにする性能
防火性能(防火構造)建築物が火災をもらわないようにする性能

なお、それぞれの性能の大小としては、耐火構造>準耐火構造>防火構造の順となっており、上の性能をもっているものは下の性能を含むことができます。

つまり、1時間耐火性能をもっている耐火構造は1時間の準耐火性能をもつ準耐火構造や、より下位の防火構造の代替とすることができるということです。ですが、より大きな性能を持たせるということは、材料や材料の組み合わせが限られてくることにもつながります。

上位のものが下位のものを代替できるとしても、設計の自由度を狭めてしまっては好ましくありません。建物の計画の際には必要な性能と仕様のバランスを考えて計画していくとよいでしょう。

また、建物を計画するにあたっては、建物が建てられる場所などにより求められる性能が異なってきます。ここでは求められる性能について解説しましたが、悪徳の業者の場合には求められる性能を無視し、性能不足な建物が建設されてしまうおそれもあります。

そういった悪徳業者に騙されないよう、必ず複数社と話をするようにしてください。

業者の話におかしな点があれば、別の業者に聞いてみるなどして自衛をはかるようにしましょう。それを繰り返し、信頼のできる業者をみつけることが満足できる住宅作りの1番大切なポイントになります。

皆さんも是非、たくさんの業者と話をして、信頼のできる業者を探してみてください。

こちらの記事で業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】住宅の業者を探すにはどうしたらいいの?

 

家づくりで損しないために【持ち家計画】


TVでも話題の仲介手数料無料REDS – 購入でも売却でも、とってもお得です



★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■