ZEHってなに??

 

みなさんはZEHという言葉を聞いたことはありますでしょうか。これはゼッチと読み、ネットゼロエネルギーハウスの略した言葉です。

では、ZEHとはなんなのでしょうか?「ハウス」とつくから住まいに関することであると想像がつくかと思います。また、「ゼロエネルギー」から省エネに関することなのかな?と勘付く方も多いかもしれません。

ZEHとは住宅の省エネルギー性能を表した基準の一種で、その名の通り、「住宅の使用エネルギーをゼロ以下にする」ことを指しています。ですが、「ゼロ」と言われても不可能だと思いますよね?そこで「ネット」という言葉をあわせ、「住宅の使用エネルギーを正味ゼロ以下にする」こととしています。

今回はこのZEHについて、どうやってゼロ以下に抑えるのか、またどんな効果があるのかをご紹介したいと思います。

 

ZEHのシステム

さて、先程「住宅の使用エネルギーを正味ゼロ以下にする」と言いましたが、これがどういうことかというと、住宅で使用するエネルギーは「自らが発電して、トータルでゼロ以下にする」ことなのです。ですので、今までの省エネルギー性能に加えて、発電する性能も住宅に求められる時代になったと言えます。

なお、ここで言う「エネルギー」とは暖房・冷房・換気・照明に関することで、通常のコンセントなどの使用量は含まれておりません。

出典:国土交通省(http://www.mlit.go.jp)

またこのシステムは国土交通省、経済産業省、環境省の3省が連携して普及に取り組んでおり、

「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」(経済産業省:http;//www.enecho.meti.go.jp)

を目標にしているようです。従って、今後はこのZEHのシステムを用いた住宅が日本の住宅の主流になってくると言えるでしょう。

ZEHを達成するには?

ZEHを達成するには、主に以下の3つの要因が必要となります。

  1. 建物の省エネルギー性能の向上
  2. 設備の省エネルギー性能の向上
  3. 発電性能の付与

続いてはそれぞれの内容について簡単に触れていきたいと思います。

建物の省エネルギー性能の向上

これはいわゆる外皮の性能(建物自体の断熱性能)を高めることにより、使用する冷暖房エネルギーを低減させます。具体的には、外壁に断熱性能の高いものを用いること、断熱材の性能を高いものにし厚さを厚くすること、また、サッシ(窓)などの開口部の断熱性能を高くする必要があります。特にサッシなどの開口部は外壁よりもはるかに外部環境の影響を受けてしまうため、特に注意をはらう必要があります。なお、これらの性能が足りていないと、設備の省エネルギー性能の効果が上がらなくなる可能性もあるため、特に重要なポイントです。

設備の省エネルギー性能の向上

まず、設備とはエアコンなどの空調や照明、給湯器などのことを指します。そして、この設備についても省エネルギー性能が高いものを選ぶことが重要になります。具体的には、高効率のエアコン、LED照明、ヒートポンプ式温水器、エコキュート、熱交換換気、節水(節湯)型の水栓などがこれに該当します。これらについては設計時に各設備の性能を決めておく必要があるため、ご希望の製品がある場合は事前によく検討しておくことが望ましいです。

発電性能の付与

これは単純に家庭内で自然エネルギーを使用して発電することを指します。その種類には太陽光発電や風力発電などがありますが、屋根などに設置ができ、効率も高い太陽光発電が主です。なお、これらの設備で発電した電気は自身の家で使用することはもちろん、電力会社へ売電することもできるため、長期的な投資としての役割も持っていると思います。

 

また、これらの他に「パッシブデザイン」という設計手法もあり、これは室内の通風や日射環境などの検討により、それらを活かす設計にすることで設備に使用されるエネルギーを減らそうと言ったものです。ただし、効果を発揮するには室内のレイアウトや外観などの制約が発生する可能性もあり、また、適切に効果が得られるかは設計者の腕次第と言えます。

ZEHのメリットは?

ここまでZEHについて簡単に説明してきましたが、ではZEHのメリットはどんなことなのでしょうか?管理人は快適性、環境性、コストの3つのメリットがあると思っています。

快適性

これは建物自体の断熱性能を向上させたことに伴い、暑さ寒さが室内に伝わりにくくなることにより快適になると考えられます。特に戸建住宅の場合は、マンションと異なり上下左右が外部空間に面していることから、より顕著に感じられると思います。

環境性

建物で使用するエネルギーが少なくなり、かつ自身でエネルギーを生み出す訳ですから、環境に対しては通常の住宅よりはるかに優しいと言えます。

コスト

初期費用こそかかりますが、一度導入してしまえば通常の住宅のランニングコストよりも小さくなることが見込まれます。そのため、長期的に考えるとトータル金額を同等程度のまで落とすことも可能ではないかと思います。また、将来的に電気代が上がるなどの不測の事態が起きた場合にも、使用するエネルギー自体が少ないZEHはリスク回避にも向いていると考えられます。加えて、これからZEHを建てる場合は国から補助金があります。ZEHの基準をクリアした住宅とすることで70万円(ZEHの施工経験が4件未満の工務店の場合は上限140万円)、また、低炭素化に資する素材(CLT※)を一定量使用し、地熱や太陽熱を利用する先進的な設備を設置した場合は上限90万円が加算されます。ただし、これらは基本的に事業者(住宅メーカーや工務店など)が申請をし、建築主へ還元することとなるので、適用可能かは確認が必要です。

 

ZEHのデメリットは?

管理人の考えるZEHのデメリットは2つあります。まず一つはコスト、二つ目は業者数です。

コスト

メリットにも記載しましたが、ZEHは初期費用が通常の住宅のと比較し、おそらく数百万円程度高くなります。また、上記のメリットの内容は、あくまでも「設計時の計画通り」に建物が運用できた場合です。つまり、設計時の検討が甘かったりすると、計画通りにいかない可能性もあるため、しっかりと話し合いのできる業者を探すことが望ましいです。

業者数

ZEHを扱えるハウスメーカーや工務店は充実しているとは言い難いのが現状です。そのため、信頼のおける業者を探すことに通常以上の手間が生じてしまうと考えられます。

まとめ

  • ZEHとは省エネルギーでかつ、自身で発電する住宅のこと
  • 省エネルギー性を上げるには外皮(外壁)の断熱性能とサッシ(窓)の断熱性能が重要
  • ZEH住宅は快適な住環境が得られる
  • 初期費用がかかるが、省エネルギーおよび売電により長期的にみたコストは有利
  • 業者数が少ないため、信頼のできる業者を探すのが大変

こちらの記事で業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】住宅の業者を探すにはどうしたらいいの?

家づくりで損しないために【持ち家計画】


★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■