【購入・賃貸・リフォーム】ハザードマップ活用のススメ

【購入・賃貸・リフォーム】ハザードマップ活用のススメ

みなさんはハザードマップをご覧になったことはありますでしょうか?ハザードマップとは、各自治体(都道府県、市区町村)が作成しているもので、地震(震度、液状化、火災など)、洪水、津波などの災害が発生したときの被害度を地図上に示したものです。

新築や中古の住宅(建売住宅、注文住宅、マンション)を購入されるとき、賃貸物件を借りるときに参考とすることで、災害リスクを事前に排除することができますし、既にお住いの方は、この情報を基に耐震性の向上などの対策を取ることができる有益な情報です。しかし、このハザードマップを活用するにはどんな情報が載っていてどう読み解けばいいのかを理解しておく必要があります。そこで今回は、ハザードマップにどんな情報が載っているのかについてご紹介と思います。

ハザードマップに掲載されている情報

東京都板橋区では首都直下型地震を想定したハザードマップが作成されています。ここでは板橋区が発行しているハザードマップを引用して少し詳しく説明をしたいと思います。

震度予測

出典:東京都板橋区(http:www.city.itabashi.tokyo.jp/)

予測震度が色別で表示されています。色が濃く赤くなればなるほど、高い震度であることを示しています。なお、震度とマグニチュードがよく混同されているのを見かけますが、マグニチュードは地震のエネルギー(力)を示し、震度は実際に生じる揺れを示します。震度については最大で震度7(東日本大震災、熊本地震)までが定義されていますが、震度6弱であっても古い木造建築や1階がピロティ形式の建物においては大きな被害が生じやすいです。そのため、高い震度が予想されていなくても安心せずに、ご自身のお住いの建物について今一度見直しを行ってみるとよいでしょう。

液状化予測

出典:東京都板橋区(http:www.city.itabashi.tokyo.jp/)

液状化とは地震による揺れによって、地盤がかき混ぜられ、地盤の中には含まれていた水が表面に浮き出てくる現象のことで、水が浮き出てきた分、地盤が沈下してしまいます。この現象は、地盤中に水分が多いほど、また、砂を多くの含む地盤において起きやすいと言われています。この現象が起きてしまった場合、建物自体が無事であっても、建物周辺の極度の沈下や建物の直下が地盤から浮いてしまっているなど、深刻な被害を生じる可能性があります。地震の揺れに対しては、建物の耐震性を高めれば対応することができますが、地盤に関しての対策は中々難しいのが実情です。そのため、これからお住まいを探す方は液状化現象が起きにくい地域を探すことを強くオススメします。

地震による危険度予測

出典:東京都板橋区(http:www.city.itabashi.tokyo.jp/)

上記の震度予測に基づいて、地震による危険度を予測したものです。この予測は、実際にその場に建っている建物の構造や築年数などを考慮して予測されているもので、一般には古い木造建築物が多い地域において危険度が高くなりやすいです。

ここで特に注意いただきたいのが火災についてです。火災はご自身がいくら対策を取ったとしても、近隣で火災が発生してしまってはどうしようもありません。耐火性が高い建物であっても、何時間も火炎にさらされてしまっては耐えきることは難しいでしょう。そのため、火災の危険度が高い地域は避けて検討されるとよいでしょう。ただし、耐火性が低い建物にお住いの場合には対策を取ることをオススメします。耐火性が低い建物の場合、特に冬季においては皆さんが思っている以上の早さで火災は広がっていきます。現在の建築基準法で定められている耐火性とは、火災が発生しても「絶対に燃えない」というものではなく、「逃げるための時間を確保する」ものなのです。したがって、耐火性の低い建物においては避難する時間が確保できなくなるおそれがあります。特に地震後においては家具等が倒れるなど足元が非常に悪く、また、ドアなども開きにくい状況になりがちです。そのため、通常以上に避難に時間を要するでしょう。

洪水予測

出典:東京都板橋区(http:www.city.itabashi.tokyo.jp/)

洪水予測は大雨による河川の氾濫や、冠水の危険度を予測したものです。近隣に河川がある場合は、河川の近辺において危険度が高くなりやすく、特に周囲よりも地盤面が低い(谷になっている)地域において被害の発生が予想されます。近年では鬼怒川の堤防決壊被害などがありましたが、あの様な被害に対しては対策を取ることは不可能に近く、河川の側に住まないことしか解決策がありません。そのため、この予測図においては、「有事の際にどう対応するか」を検討するために使用することをオススメします。

まとめ

  • ハザードマップは既にお住いの方だけでなく、これから家を探す方にも有用な情報
  • 既にお住いの方はハザードマップを活用し、対策を取ることが望ましい

既にお住いの方の対策はリフォームなどによる耐火性、耐震性の向上のほか、避難経路の確認や防災グッズの準備、点検を行うとよいでしょう。特に避難経路については、建物が倒壊しにくい、火災が起きにくいなど、被害が発生しにくいルートを事前に探しておくことが望ましいです。

また、これからお住まいをお探しになる方も、ハザードマップを活用し、リスクを事前に排除するとともに、既にお住いの方と同様に避難経路の確認や防災グッズの準備も行っておくことをオススメいたします。