【不正】免震構造の安全性【改ざん】

【不正】免震構造の安全性【改ざん】

免震構造といえばKYBや川金ホールディングスなどの企業によるデータ改ざん、不正が話題となりましたが、免震構造と一言で言っても、実は様々な装置を使用しているため、全ての免震構造で不正が行われたわけではないのです。

今回の記事では免震構造に用いられる装置の種類と住宅ではどんなものが使われているのかについてお話したいと思います。

免震装置の種類

免震装置の種類としては、免震装置が持っている役割によって分類ができ、揺れを吸収する装置、建物の重さを負担する装置、およびそれらの役割をあわせもった複合型の装置と、大きく3つに分類できます。

免震構造はよく、建物が浮いているイメージを持たれる方が多いですが、正確には間違えで、ある程度は地震に追従していかないと、建物と地面との動きの差が大きくなりすぎ、免震構造として成り立たなくなってしまいます。また、浮いている状態では強風時などでも簡単に建物が動いてしまうことになりますので、非常に住みにくいものとなってしまうでしょう。

それらの問題を解決するため、免震構造には浮かすだけでなく、地面と建物をある程度繋ぎつつも、揺れは小さくさせる機能が必要となります。

揺れを吸収する装置

揺れを吸収する装置は建物にかかる地震力を、ダンパーや金属の変形などにより吸収する機能をもった装置のことをいい、主なものとしては以下の3種類が挙げられます。

  • オイルダンパー
  • 鉛ダンパー
  • 鋼材ダンパー

建物の重さを負担する装置

建物の重さを負担する装置は硬質ゴムや球面状に加工された金属など硬さを持ちつつも揺れを拘束せず、揺れている中であっても建物の重さを負担し続ける機能をもった装置のことをいい、主なものとしては以下の3種類が挙げられます。

  • 積層ゴムアイソレータ
  • すべり支承
  • 転がり支承

複合型の装置

複合型の装置は上記した揺れの吸収と建物の重さを負担する二つの機能をあわせもった装置で、硬質ゴムと金属を配置し、ゴムで重さを負担し、金属で揺れを吸収するものが主流になっており、主なものとしては以下のものが挙げられます。

  • 鉛(錫)プラグ入り積層ゴムアイソレータ

不正が行われたのはオイルダンパー

今回のKYBや川金ホールディングスによる不正が行われたのはオイルダンパーと呼ばれる装置のみで、ほかの装置については現状、不正が行われているといった話は出ておりません。

そのため、オイルダンパー以外の種類が使われている建物については大きく不安になる必要はないと考えられます。

また、以前は東洋ゴムによる不正も行われており、東洋ゴムの件があったあとに今回の件が発生したため国交省も事態を重く受け止め、他の免震装置製造メーカーへの調査を本腰を入れて行っています

そのため、不正が行われている場合にはすぐさま発覚する環境となっており、言い換えれば、現時点で問題のないメーカーは健全であると言えるでしょう。

住宅での主流

戸建て住宅の場合にはハウスメーカーごとに免震装置の仕様が異なりますが、中にはオイルダンパーを採用している企業もあります。採用がなされているオイルダンパーで不正が行われていたかは定かではないため、詳細はハウスメーカーへ確認してみるとよいでしょう。

また、マンションについてはどの免震装置を用いているかは設計者の考え方などにより異なります。どの免震装置を用いているかは建物の仕様書などに記載があるはずですので、確認してみるとよいでしょう。

まとめ

  • KYBや川金ホールディングスによる不正はオイルダンパーのみ
  • 他の免震装置は現在のところ健全である
  • 住宅でもオイルダンパーを使用していることがある
  • 使用有無は仕様書もしくは業者へ確認を行う必要あり

免震構造は東洋ゴムの積層ゴムに関する不正にはじまり、今回のKYBおよび川金ホールディングスのオイルダンパーに関する不正が続いて発生しており、世間からの免振構造への不信感は高まってしまっているのは事実です。しかしながら、免震構造の地震に対する強さは耐震構造に比べ、圧倒的に高いものとなっています。これは、東北地方太平洋沖地震をはじめとした東日本大震災や熊本地震において、免震構造はその性能を発揮し、大半の建物で無被害でありました。

加えて、免震装置の種類としては上記したとおり、不正が行われた以外のもののほうが多く、実際に使用されている比率としても健全品の割合のほうが多い状況となっています。

不正は確かに悪いことではありますが、免震構造そのものを否定し、また、必要以上に怖がってしまうことはよくないことです。免震構造がより普及し、安価となることで日本の建物全般の安全性は大きく向上していきます。管理人としてはそうなっていくべき、そうなってほしいと考えており、この記事を読んでいただいた方には免震構造への偏見を持たないでいただきたいと切に願います。