建物の構造って何が違うの?

建物の構造って何が違うの?

みなさんは今お住まいの住宅の構造について、どんな構造であるか知っていますか?建物の構造には主に木造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)があり、構造によって住み心地も大きく異なってきます。今回は、建物の構造がどんな特徴を持っているのかご紹介したいと思います。

構造の種類

先程も述べましたが、建物の構造には大きく分けて以下の4種類があります。

  • 木造
  • 鉄骨造(S造)
  • 鉄筋コンクリート造(RC造)
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)

これらの構造は、建物の規模や使用用途によって用いられる種別が変わってきます。では、この構造はそれぞれどんな特徴があって、どんな違いがあるのか解説していきたいと思います。

構造の特徴

 

木造

特徴:

構造躯体(=骨組み、骨格)を木で構成した構造で主に2種類の工法があります。1つは木の柱と梁で骨格をつくり構成する木造軸組工法(在来工法)、もう1つは木の枠組に構造用合板(壁や床の構成材料)を張り付けて構成する木造枠組工法(2×4(ツーバイフォー)工法)です。

良い点(メリット):

木材は軽量でありながら強度もあるため、他の構造と比較して基礎が安価で済むなどコスト面で優れており、工場プレカットによって、現場では組み立てるだけですので工期面においても優れていると言えます。また、外壁材については様々な材料の中から選択することができ、性能や好み、価格を鑑みた柔軟な設計を行うこともできます。

悪い点(デメリット):

鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造と比較し、遮音(防音)性や耐震性、耐火性などが劣りがちです。遮音性は木材が軽量であるがゆえに振動しやすく、床の遮音性については特に注意が必要で、床の遮音が必要な場合は遮音性のある材料を追加して設計することが必要になります。また、隣の部屋からの音についても間仕切壁・外壁・床・天井など様々な部位から回り込んでくるため、完全に遮音することは困難であると言えます。耐震性は耐力壁などで確保する必要があるため、レイアウトに制限が出てしまうこともあります。また、木造で耐火性の高い耐火建築物を建設することも可能ですが、外壁などに不燃材(燃えない材料)を使用する必要があります。木の耐火性については、木を耐火性のある材料で覆うか、燃え代設計(一定時間燃えても構造上問題ない(避難時間を確保できる))で確保することとなります。燃え代設計を用いた場合は内装の表面に木部を表しで使用することができるため、意匠(デザイン)面では優れていますが、万が一の火災の際には燃えて継続使用が困難となる可能性もありますので注意が必要です。

また、木材は腐朽(腐る)しやすい材料であるため、薬剤などによる処置のほか、防湿措置も重要です。加えて、シロアリなどへの防蟻措置も必須事項になります。湿気やシロアリは地面から発生しやすいため、主な対策としては建物直下(基礎)部分の地面を鉄筋コンクリートで覆ってしまうなどが有効です。

建設可能な階数(高さ):

木造軸組工法では3階まで、木造枠組工法では4階まで建設可能です。また、試験的な試みとして、国立研究開発法人建築研究所・一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会による木造枠組工法6階建ての実験棟(実大の建物)も建設されております。今後の研究次第では4階を超える階数も建設できるようになるかもしれません。

用途:

戸建て、アパート(低層)

鉄骨造(S造)

特徴:

構造躯体を鉄で構成した構造で、ラーメン構造、ブレース構造、トラス構造の3種類の構造があり、住宅向けにはラーメン構造およびブレース構造が用いられています。ラーメン構造は骨格に厚さが厚い鉄骨(重量鉄骨:厚さ6㎜超)を使用し、かつ柱・梁のみで骨格を構成し、ブレース構造は骨格に厚さが薄い鉄骨(軽量鉄骨:厚さ6㎜以下)を使用し、かつ柱・梁に筋交い(ブレース)を追加し、補強を行った構造です。ブレース構造については木造とほぼ同一の良い点・悪い点(腐朽以外)を有しているため、ここではラーメン構造の良い点・悪い点をご紹介いたします。

良い点(メリット):

木造より重いものの、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造よりは軽量で、木材よりも高い強度を有しています。そのため、高い耐震性を有するとともに、柱の少ない大空間を構成することに適しています。また、耐力壁が不要であるため、比較的自由なレイアウトを行うことができます。木造よりも高価であるものの、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造よりは安価で、木造と同様に工場プレカットによって、現場では組み立てるだけで工期面においても優れていると言えます。また、外壁材については様々な材料の中から選択することができ、性能や好み、価格を鑑みた柔軟な設計を行うこともできます。

悪い点(デメリット):

鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造と比較し、遮音(防音)性や耐火性が劣ります。木造よりは優れていますが、床の遮音(防音)性については注意が必要で、使用する床材によってもその性能が異なります。また、隣の部屋からの音についても間仕切壁・外壁・床・天井など様々な部位から回り込んでくるため、完全に遮音することは困難であると言えます。なお、床を鉄筋コンクリート(デッキプレートとの混合)とすることもできますが、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の床よりも厚さが薄いため、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造と同等の遮音性を確保することは困難です。耐火性については、鉄骨自体は不燃材であるため燃えることはありませんが、鉄骨が一定の温度(550℃)以上となると急激に強度が低下するため、耐火性を確保するには耐火性のある材料で鉄骨を覆う必要があります。

建設可能な階数(高さ):

高さ60mを超える超高層建築物でも建設可能

用途:

戸建て、マンション(ブレース構造:中低層、ラーメン構造:低層~超高層)

鉄筋コンクリート造

特徴:

構造躯体を鉄筋コンクリートで構成した構造で、ラーメン構造壁式構造の2種類があります。ラーメン構造は柱・梁などの骨格を鉄筋コンクリートで構成し、外壁や間仕切壁などは他の材料(外壁材など)で構成することもできる構造です。また、壁式構造は壁自体が骨格となり、その壁を鉄筋コンクリートで構成した構造です。なお、鉄筋コンクリートとはコンクリートの内部に鉄筋(鉄の棒)を埋め込んで補強したもので、圧縮する力にはコンクリートが耐え、引っ張る力には鉄筋が耐えるものです。

良い点(メリット):

鉄筋コンクリート造は木造、鉄骨造と比較し、遮音(防音)性、耐火性に優れており、特に遮音(防音)性は抜群に高いです。余程の大音量や床を直接たたくなどしない限り、静穏な生活が送れると思います。また、鉄筋コンクリートそのものが耐火性を有しているため、特段の措置がなくとも耐火性の高い建物を建設することができます。鉄骨造と同様に高い耐震性を有していることもポイントです。また、ラーメン構造の場合は耐力壁が不要であるため、比較的自由なレイアウトを行うことができます。

悪い点(デメリット):

最大の難点は重量と価格であると言えます。鉄筋コンクリートは木造・鉄骨造と比べ非常に重量のある構造で、建物の基礎なども大きなものが必要になるなどコストが大きくなりがちです。また、現場施工による手作業で組み立てていくため、工期に関して長期間必要である点も注意が必要です。また、木造、鉄骨造よりも気密性が高いため、室内に空気が滞留しやすく、湿気などもたまりやすいと言えます。そのため、適切な換気を行う必要があります。

建設可能な階数(高さ):

高さ60m程度までの高層建築物を建設可能

用途:

戸建て、マンション(ラーメン構造:低層~高層)、アパート(壁式構造:中低層)

鉄骨鉄筋コンクリート造

特徴:

鉄筋コンクリートの内部に鉄骨を埋め込んで補強した構造で、主な特徴は鉄筋コンクリートと同様です。ただし、鉄筋コンクリートよりも現場施工の手間や工期、および材料費もかかるため、その分コストは高価となります。なお、一般に鉄筋コンクリートでは建設不可能な高層~超高層のマンションで鉄筋コンクリートの代用として用いられています。

(良い点、悪い点は割愛いたします。)

建設可能な階数(高さ):

高さ60m以上の超高層建築物も建設可能

用途:

マンション(高層~超高層)

まとめ

上記の内容を比較表にまとめました。

構造の種類耐震性耐火性遮音性耐久性重量価格工期
木造
鉄骨造
鉄筋コンクリート造
鉄骨鉄筋コンクリート造××

管理人の私見ですが、戸建て住宅では鉄骨造、マンションでは鉄筋コンクリート造がおすすめです。戸建て住宅であれば遮音性に大きくこだわる必要もないため、鉄骨造のバランスがよく、マンションでは遮音性が住環境の良し悪しを左右することもあるため、遮音性の高い鉄筋コンクリートがおすすめです。

お住まいの購入をお考えの方は、まずはご自身の要望を専門家へ伝えてみてはいかがでしょうか?信頼のおける専門家をみつけることが納得のいく住まい探しの近道です。

こちらの記事で業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】住宅の業者を探すにはどうしたらいいの?

家づくりで損しないために【持ち家計画】


TVでも話題の仲介手数料無料REDS – 購入でも売却でも、とってもお得です



★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2014年1月以降、首都圏・関西にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■