【戸建て・マンション】新築住宅・リフォームで病気が起きる?

【戸建て・マンション】新築住宅・リフォームで病気が起きる?

みなさんは新築住宅やリフォームが原因で発症する病気があることをご存知ですか?その病気は「シックハウス症候群」といい、主にめまい・頭痛・喉の痛み・呼吸器疾患などの不調をきたすと言われています。しかし、なぜ新築住宅やリフォームでこのようなことが起きるのでしょうか?今回は、「シックハウス症候群」の原因と建物を建てる、リフォームする上での対策についてお話したいと思います。

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群は、室内の空気環境が原因で発症すると言われています。具体的には、ホルムアルデヒドなどから発生する揮発性化合物(VOC)※1が含まれる空気を一定量以上吸引すると、体調へ影響する可能性がでてきます。そして、これらの物質は主に有機溶剤や防腐剤などに含まれており、それらから放散されることで空気中に揮発性化合物が含まれてしまうというわけです。

しかし、この病気は近年になって注目されるようになってきた病気なのです。これは、近年の住宅の高気密化による換気量の低下や表面に様々なデザインが貼られた化粧合板などの使用増加に伴って、注目をあびるようになりました。

そのため、シックハウス症候群を予防するには、これらの物質が含まれている材料をなるべく使用しないということと、しっかりと換気を行うことが重要になってきます。

※1 ホルムアルデヒドのほか、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼン、クロルピリホス、テトラデガン、フタル酸ジ-n-ブチル、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル、ダイアジノン、フェノブカルブがあり、これらを総じてVOCと呼びます。なお、住宅に対して重要とされているのはホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの5物質になります。

建物を建てる上での対策

続いてはシックハウス症候群の予防に関する、建物を建てる上での注意点についてお話します。主な注意点としては、以下の2つがあります。

  • VOCを放散しにくい材料を使う
  • 24時間換気(常時)を行う

VOCを放散しにくい材料を使う

VOCは化学物質から放散されるものであります。有機系接着剤、塗料、防腐剤などには化学物質が含まれているわけですから、それらを用いた材料はVOCを放散することになります。特に住宅に関しては、合板・化粧合板、フローリングおよびフローリングの接着剤、塗料、壁紙および壁紙(クロス)の接着剤の使用量が多くなっていますので、これらに関して注意を払うとよいでしょう。なお、家具や室内の木製の扉などにも表面をプリント化粧した木が用いられていますので、これらについても同様に注意すべきです。また、これらにはそれぞれ、低VOC※2をうたった製品や、ホルムアルデヒド放散等級※3が高い(放散しにくい)製品が存在しています。商品選択の目安としては、「4VOC基準適合」の表示があるもの、「F☆☆☆☆」の表示があるものを選択するとよいでしょう。

加えて、塗料には水性塗料と溶剤系塗料の2種類があります。性能としては溶剤系塗料が優れていると言われていますが、シンナーなどのVOCの放散が多いものを用いるため、健康面では好ましくありません。また、溶剤系塗料は乾燥が早いため、工期も短くできるメリットもあり、現場では好まれています。ですが、全ての建物のVOC放散の約40%が塗料由来であるとの統計も出されています。塗料のVOCを減らすことは非常に効果が大きいと言えます。室内における塗装であれば水性塗料で十分な性能を有していますので、極力水性の塗料を用いてもらうよう依頼を行うとよいでしょう。

なお、塗壁(しっくい、珪藻土)や土壁はVOCが含まれていないか、限りなく小さい材料です。室内の壁にこれらを採用するとVOCの低減をはかることができます。デザインや風合いが気に入った場合には検討してみてもよいと思います。

※2 トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの4物質に対して、試験機関などの団体が共同で作成した基準に適合している材料を「4VOC基準適合」製品として表示がなされています。

※3 ホルムアルデヒド放散等級とは、ホルムアルデヒドの放散しにくさを表す指標で、F☆☆☆☆〜F☆☆で表示されます。星の数が多ければ放散しにくいことを示します。

24時間換気(常時)を行う

上記したVOCを放散しにくい材料を使用した場合でも、VOCの放散は0にはなりません。そして、近年の住宅の高気密化に伴い、放散されたVOCが室内に留まってしまいます。そのため、しっかりと換気を行うことが重要です。居室に換気扇が設けられているのであれば換気扇を24時間稼働させるか、換気扇がない場合は外壁面の換気口を常に解放しておくことが望ましいです。室内の空気を滞留させずに、常に新鮮な空気を流入させることを心掛け、放散されたVOCの濃度を低減させることが重要になります。

まとめ

  • シックハウス症候群はVOCが原因
  • 住宅はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの5物質に注意
  • VOCは合板・化粧合板、フローリング、壁紙、接着剤、塗料に含まれている
  • VOC低減のためには「F☆☆☆☆」、「4VOC基準適合」製品を用いる
  • 塗料のVOCに対する重要度は高い
  • 室内に用いる塗料は水性塗料が望ましい
  • 24時間換気をしっかりと行うことが大切

マンションなどの共同住宅であれば、VOC対策が進んでいますが戸建て住宅まで十分に浸透してるとは言い切れません。特に小さな工務店などにおいてはこういった知識が不足している業者もいるため、業者選びはこのような知識を保持しているかも含めて検討してみるとよいでしょう。また、子供は化学物質に過敏であると言われていますので、小さなお子さんなどがいらっしゃるご家庭では特に注意を払って検討することをオススメいたします。

こちらの記事で新築住宅の業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】住宅の業者を探すにはどうしたらいいの?

こちらの記事でリフォーム業者の探し方をご紹介しています!あわせてご一読ください。

関連記事:【戸建て・マンション】リフォーム業者を探すには?